遊びで作ってみたエリアクランクの改善点をちょいと書いてみますよ。


 

昨日使ったクランク達。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

結構いけんじゃないかな?と思ったけど結果的にしょぼい結果で終わりました。

 

 

遊びで作ってみたものの実際に使ってみて駄目だと直ぐにまた新しいのが作りたくなってしまいます。どうやらそれなりに使える物になるまで止まらないようです、自分は。

 

そんなに時間掛からないし、結果もすぐに分かるのでまぁいいかなと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何が駄目だったのか?

 

 

ピッチに着目して作ってみました。まぁそれは良いんですよ、小さいせいもあってかかなり細かく動いてくれます。野池でテストした感じは上々でした。

ですが、実際にエリアで使ってみると全然駄目でした。バスとエリアのクランクはハッキリと性格が違うんですね。

 

 

 

まぁピッチは良いとしてもウォブリングが足りませんでした。バス用に使うには良いんですけどエリアで使うと振動が伝わりにくかったです。

エリアではやはりリトリーブスピードが遅くなるのでウォブルが強くないとゆっくり巻いた時に何処でどんな風に動いているのか、どのレンジにいるのかが分かりにくかったです。何気なく釣っていましたが、レンジに関してはバスよりもシビアに釣っているのが分かりました。具体的にはバタバタと上から見て×になるような動きが良さそうな気がしました。

 

 

そうなるとボディの形は細身にした方が良いなと。バス用みたいなずんぐり系だとバタバタと動かなくてどうしてもウォブリングが狭くなってしまいます。大きくケツを振ってくれて遅めのスピードを狙ってセッティングしてやると良さそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、そうなってくると

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

つぶあんみたいなクランクになってくるんですね。

 

 

 

 

何かこれ系の細身のクランクが多いなーとか、何か釣れるんだよなーと思ってましたがやはりその辺のポイントをしっかりと抑えてあるんですね。

 

 

 

でもやっぱり思うのは「バルサで作ったらどうなるんだろう?」という事です。

またバルサ特有の釣れる動きが出るんじゃないかな?と期待してしまいます。ウエイト形状、配置もまた直してみて細身の使い易いクランクの試作をしてみたいと思います。

カラーは現場でその日の釣れる色を見つけてからちゃちゃっと塗っても良いかな?と思ってます。また楽しみが1つ増えました。

 

 

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です