へんてこなプロトルアーの解説をしていくよ【その4 バイブレーションの事、バランスの事を忘れてはならない】


製作意欲がドンドン湧いてくる!!

 

 

 

 

ルアーのクセが分かってきたところで、早くまとめたかったのでドンドン作っていきました。

 
そんな中でリアル系に仕上げていきたいと思うところもあったので、

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんなのも作りました。

 

 

「機能も見た目も」を目指したんですけどまぁどうしてもこの辺は慣れないですね。もっと綺麗に仕上げたいんですけど、、、。トラウトのハンドメイドミノーに憧れてるんですね。
この時期は目が綺麗に仕上がらないと色々試行錯誤していた時期ですね。目をポンチで開けるのか?ドリルで開けるのか?ボール盤を綺麗にサビ取りしたり。まぁー色々やってましたねー。

 

 

 

 

IMG_1027

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中どうしても上手くいかない事がありました。

 

 

 

 

a1640_000191_m
何かと言うとルアーが全然動かなくなってしまったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

いい感じに動くのが1つあったんですけど、それを真似て作ってみても全然動かない、、、。(リップの付け替えでゾンビみたいになってます。)

 

 

 

 

理由が全くわからなくてこれは本当に悩みました。10個ぐらい試作を続けてもダメでお蔵入りか?とまた考えてしまいました。

 

 

何度も初心に戻って考えていると、クランクベイト的な考えで固まっている気がしました。形的にはバイブレーションとクランクベイトのハイブリットなのでもう少しバイブレーションの部分も考えてやらないと、、、と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイブレーションってどうなって動くんだ???

 

 

 

 

やっぱり頭がリップみたいになって動くのかな?ライズバッカーなんかそんな感じだよなー。でも頭が丸っこくなってるカリブラとかスラヴァーバイブも綺麗に動くし、、、メタルバイブは別物か。

 
んーーーーー、とりあえず頭がフラットなやつ作ってみるかと試作!

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

するとようやく動いてくれました。お蔵入りの壁が何とか崩れました。

 

 

やはりハイブリットなのでバイブレーションの事も考えないといけなかったですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このヘッドだとリップが付いてるのにI字系みたいにスーッと泳いできます(笑)本当に全然動かないんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
で、その後も試作を重ねてヘッドを大きくしてみたり、改めてウエイトの位置を変えてみたりと今思えば思いつく事は全てやってましたね。

 

 

結論としてやはりルアーで大切なのはバランス!特にこのルアーはバイブレーションとクランクベイトのハイブリットなのでその辺を考慮しないといけませんでした。

 

 

 

 

 

この時点で動きに関してはやや不満はあったものの先日横アイにする事で解決!!!

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レンジ、飛距離、動き、全てがようやく揃いました。

 

 

 

 

今週はマスターモデルを送ったのでスキャンしてもらい試作ブランクを削り出してもらってます。

あとは釣っていく中で微妙な調整と生産ラインを整えるのみですかね。

もう少しですね。

 

 

 

今日は仕事終わりに釣りに行ってきましたが、47くらいかな?を掛けるもバラしてしまいました。まぁでもとりあえずデカいのも反応してくれて一安心ですね。

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チビはしっかりランディングしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です