バス用のルアーに密接している「根掛かりにくさ」という要素についてプロト考え中。


 

 

今現在進行中のプロト。

 

 

IMG_0860

この前も2つ完成しましたが、ぜーんぜん上手くいきません。

 

 

結構難しいルアー何ですけどどうも手掛かりが全然つかめない感じ。結構わがままを詰め込んだようなルアーなので難しいのは当然なんですけどね。よく飛んで狙った動き、レンジを引いてこれて根掛かりにくい・・・。誰もが欲しいのはそんなルアーでは無いでしょうか?

 

 

自分の中で大きいのはやはり根掛かりしにくいという要素。今年は色んな釣りをしましたが、やはりバス釣りでは「根掛かりにくさ」というのは大事な要素で常に密接しています。渓流、管釣りにはほぼ無縁な要素では無いでしょうか?だからといって渓流、管釣りのルアーデザインが簡単になるかといったらそうでは無いと思いますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

20151110_122410s

今度ティムコから発売される「ライオットブレード」

 

一年ぐらい前にプロトを見たのかな?フロントに付いているワイヤーガード凄いですよね!なんでこんな簡単なデザインなのに今まで出てこなかったのか?と思えてしまうルアーですね、スピンテールジグを作っている訳ではないですが、初めて見た時は「やられたっ!?」と思いました。

これからはこのワイヤーガードが当たり前になってくるんじゃないですかね?有名メーカーがこぞってパクりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飛距離を出したいのでショートリップにしたい!

 

 

脱線しましたが、今作っているプロトはどうしても飛距離を出してやりたいんですね。となると邪魔になってくるのがリップです。あまり潜らなくて良いのでショートリップにしたいんだけど、そうすると根掛かりが・・・。

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

通常クランクベイトはこんな姿勢で泳ぎます。

 

 

リップがフックをガードしてくれる訳です。

どうにかなんねーもんかな?とクリクリルアーを動かしてると

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この姿勢で泳いでくれればかなり根掛からなそう。

 

 

ボディ自体がフックを隠してくれるし。でもこんな姿勢で泳いでくるのって可能なのかな?ってかコレってバイブレーションじゃね?とか色々考えていました。

ボディが立つ状態を狙って作ってみたら面白そうだなと。テール側に浮力を入れたり、ウエイトのアイがラインアイになってるようにすればこんな姿勢になるのかな?と。

 

 

 

まぁそんなに上手くいかなそうですが、試しに作ってみようかなと考え中です。

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日たまたま見つけたコイツも何か近い物がありそうな?

 

 

 

これ使った事無いんですけどどんな動きするんですかね?バイブレーションなの?クランクなの?って感じ。

 

明日時間があったら泳がせにいこうかなと思ってます、なんかヒント無いかな?

 

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です