エリア用のクランクを遊びで作ってみる事にしました! 2


 

 

何かとやる事が無い時も実はあります。

 

 

いつもルアーを作っているとたまにやる事が無い時があります。

今回は湿度が高くてコーティングが出来なかったので、仕方なくリップとかの小物を作ろうかと思ったんですけど、それももう作ってしまっている・・・。

やる事無いなー、ってか何だか気分がノラない・・・。休んでいても良いんですが、それも何だかつまらない。

 

 

 

どうしてもルアー作っていないと落ち着かない人なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうだエリア用のルアー作っちゃおう!!!

 

 

 

ハンクルのHPを見ているとエリア用のルアーがいっぱいある。(他のメーカーも色々ありますが)

エリアってやはりスプーンがメインってイメージがありますけど、作る所は作ってんだなと思いました。

 

 

簡単にでいいから作っちゃおうかなと!てかエリア用のクランクってどうもモタモタ動くイメージなんですよね。プラ製だとどうしてもそうなってしまいそうですが、バルサで作っちゃえばキビキビした動きでよりスローに使えるのが出来ちゃうんじゃね?という安易な考えで作り始めちゃいました。

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

一応コンセプトは表層系のクランク。スローに水面をハイピッチで泳いでる所にバイトしてくれるようなのを作ってみようと!!!

 

 

形はまぁ何となく「こんな感じかな?」にしました。あくまで遊びなのでそんなに時間掛けちゃ駄目でしょ。

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でもウエイトには拘りたい!ってことで以前に作った木型を引っ張り出してみる!でもこれだと細すぎました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こっちのシリコンの型はジャストサイズでした!過去の自分に感謝。よくこんな使わない型作ったな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

彫刻刀でウエイトホールを彫る。位置はテキトーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でもアイが抜けちゃいけないと今回は貫通ワイヤーにしました。1.7gはウエイトの重さ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

張り合わせる!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

で、一応形にしました。ここまで二時間ぐらいかな。

 

 

 

一緒に写っているのはフラットクラピーSSRです。

ベリーのアイだけ太くなっちゃいました。

 

 

いやー、一応形にしてしまうと完成が楽しみになっちゃいますね。ウエイトがトマトと同じ形なのでスローに巻いても結構動いてくれるはずなんですけど、どうかな?

これをリアル系に仕上げようかと思ったんですけど、レスポンスを下げたくないしオールブラウンに塗る予定なので止めました。ハンクルのHPを見るとオールブラウンが安定して良いみたいな事が書かれていました。

 

そういえば自分が最近管釣りで良い思いしているのもブラウン系です。渓流だとキラキラ系なのに管釣りになると地味なカラーが効きますね。同じ魚なのにエサでまるっきり変わってしまうんですかね?

 

 

 

まぁなんにせよ完成が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 thoughts on “エリア用のクランクを遊びで作ってみる事にしました!