完成したプロトを早速投げてきましたって話!プロトタイプの進め方について。


ちょいちょい出していたプロトが完成しました。

 

IMG_0737

なので早速野池にテストしに行きました。まだ作りこんでいないプロトなのでドキドキワクワクします。

 

 

ルアーの開発ですが初めの方は楽観的に?進められますかね?

コロンブスの最後の方はプロト作る度に試験結果を見に行く受験生の気持ちでした。狙った部分をキッチリ直せてるかどうか細かい部分を見なくてはいけないからですね。

それに対しては始めは大まかに見れればいいだけですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロトを作った際に必ず持っていくのがペンチとヤスリ!

 

 

 

IMG_0736
ペンチでアイチューンをしてヤスリでリップを削ったりします。リップは大体大きめに作って現場で調整。

 

 
このルアーの狙っているところはまず飛距離!
最近のジャントマのルアーデザインは兎に角「使い易さ」です!使い易さの要素の1つである飛距離に着目しているプロト。

それなりのリップが付いてますが、20lbナイロンで30mぐらいは飛んでました。まぁとりあえずいいのかな?と。

でも動きが強くてスローリトリーブでしか使えません。

 

 

 

 

 

そんなプロトのデザインを次はどう組んで行こうかな?と考えながら1時間ぐらい投げていくんですね。

ウエイト、フォルム、リップ、など。これ結構楽しい作業です。で、一番厄介そうな点から取り組んでいきます。そんな感じですね。

これからもちょいちょい出していく予定なので、見てやって下さい。

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です