朝釣りに行ってきました and かるくトマトとメロンの使い分けについて 4


昨日書いた通り朝釣りに行ってきました。

 

 

 

 

朝起きると車が使われていたので、一瞬躊躇したけど仕方なく原付きで出動しました。
あー寒い寒い。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

釣り場に到着

 

 

 

 

 

ルアーを結んで早速水温を計る
 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

8.8℃
余裕で二桁いっていると思っていたのでこれはちょっと意外、、、。そう簡単には行かなそうだぞ、と。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルアーはまずメロンで!

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まぁーそりゃ使いたいですよ。釣りたいですよ!
野池は田植えに備えてかなり増水してありました。
 

気の早いバスがシャローカバーにいるかなーと思ってカバー中心にキャストで、トゥイッチで誘ってからリトリーブしてくる使用!!!
 

一度投げて反応しなかったら、また投げたり、今度は早巻きを試したり。
 

トゥイッチでの誘いはとってもいいんですが、いかんせんやり過ぎるとリズムが遅くなって良くないですね。
二回トゥイッチさせてちょいとためてリトリーブ、そんな風に使っていました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁーでも反応がない

 

 

 

 

 

なんとかワンチャン来ないかなーと、投げていく。
ずっとメロンを投げていましたが、
 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

途中からトマトにバトンタッチ!
理由は深度を浅くしたかったから、メロンの方がやや深いレンジなんですね!
 

今回気付いたのはトマトとメロンの二つのカバークランクを作った事で、常に二択が生じるという事!
今日は頭の中で迷いが出たりしながら使っていました、なんだか複雑ですね。
 

 

 

 

初心者にはトマトの方がお勧めです。動きが大きいので巻いてる感が強いし、やっぱりメロンより回避性能に安心感があります。
対してメロンはトマトや一般的なワイドアクションのカバークランクで反応しないバスが釣れます。早巻きやトゥイッチでの使用など使い方が多彩なので、釣れるバスが増えますが、それゆえに自分のリズムで使いこなすことが大切。
 

 

って感じかな?
村上晴彦さんも言ってたんですけど、なんか迷いながら使ってても釣れないと思うんですよねー。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

迷いながら使っていたせいか今日は釣れませんでした。

 

 

 

上手くまとめたみたいになってますが、やっぱり一つのルアーを使い込む事って大事だよなーと再認識しました。
 

トマトとメロン!去年のように今年も上手く使い分けてバス釣ります(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【使用タックル】

ROD:オリジナルカバークランキングロッド6㌳1㌅ミディアム

REEL:RYOGA 1016HL

LINE:デッドオアアライブ ストロング 16lb

 

 

 

 

 

Posted from するぷろ for iOS.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 thoughts on “朝釣りに行ってきました and かるくトマトとメロンの使い分けについて

  • 佐藤

    こんばんは

    オリジナルカバークランキングロッド!?
    どこで、手に入れたの?
    もしかして、自作?

    かなり興味あります。

    • jumpingtomato Post author

      おはようございます。
      このロッドは自作しようとしたら意外とハードルが高かったのであるお店に頼んで作ってもらったんです。

      市販品ではあり得ない6㌳1㌅という長さがかなり気に入ってます。ちょうどいいんですよね(^^)

    • jumpingtomato Post author

      35000円くらいでした。
      作ってもらった所は言えないんですけど〜、今度はお会いした時にでも、もしくは直接連絡貰えれば大丈夫ですが。すみません。