読者感想文!悪い意味で裏切られた?一冊。


どうもこんばんは!
ジャントマの鴻丸タカヒロです!

 

 

 

たまに書いている読者感想文!今回はこちらの一冊
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「オシムの言葉」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっかけは

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

読書感想文。いい意味で裏切られた一冊http://jumping-tomato-lures.com/?p=3957

 

 

以前に読んだモリーニョの本が中々面白かったので、またサッカーの監督の本が読みたかった事とまぁ有名どころだったし!

オシムさんに好感度があったかですね!
「オシム語録」ってのもあるぐらいなので、さぞかし面白い本に仕上がってんだろうと!期待してしまう訳ですよ!
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内容

 

 

 

まずオシムさんがジェフユナイテッド千葉の監督に就任した所から始まる。
それからオシム流の練習の話があり、タイトルを獲得〜といった日本での話。
 

 

次はオシムさんのルーツ(故郷)であるボスニアでの話。
幼少期から選手時代、そして監督になってからの話
 

 

中盤からはボスニアでの戦争の事が中心に書かれています。
民族間での対立による戦争、それに伴って政治がサッカーに影響し、代表を拒否する選手や野次。しかし政治的圧力に屈しないオシム監督といった感じ。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、この本最後まで読んでいないのです。

 

 

え〜、途中で読むのを止めました。今は読む暇がないってのもありますが、一番の理由としてはとにかく戦争の話が長過ぎるんです。
戦争の話からオシムさんの性格、発言が影響を受けている事はよく分かりましたが、いかんせん長くて濃いんです。途中から「オシムの言葉」を読んでいる事を忘れさせてくれます。
面白くなくなってきて「もういいや、、、パタン」で止まっています。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感想

 

ボスニアまで取材に行っていたりとかなり熱心な著者ではありますが、んーなんだかなーといった感じでした。
自分が期待していたオシム語録については初めの方で楽しむ事が出来ました。
終わりの方にも出てくるだろうなと思いましたが、そこまで気力が持ちませんでした。
 

 

 

 

 

因みに

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

以前に電子書籍で買ったこちらはとっても良かったですよ!オシムファンになりました。

 

オシムの言葉の方は電子書籍になっていないので、泣く泣く本で買いました。

かさばるし、捨てなきゃいけないし、直ぐに手元に来れない紙の本は自分は好きではないですね、、、ってか電子書籍が便利すぎるんです。

 

 

 

 

 

 

Posted from するぷろ for iOS.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です