簡単にルアーウエイトの型を作ります! 新作のメロン用!!!


 

 

メロンのウエイトの型を作ります。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

まず用意したのは模擬ウエイト、先日のブログでも書きましたがバルサを寸法通りに削って作りました。なんとなく可愛いですね。

 

気の寸法もそうですがアイの長さもそれぞれちゃんと合わせてやります。

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

イメージとしてはこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

型取り用のシリコンが登場!

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

シリコンにも結構種類があるようなのですが、自分は東急ハンズで手軽に買えるこんなものを使っています。

こういう用材って探せば色んなものがありますが、ん〜まぁ手軽に買えて性能に特に問題がなければそれでいいですね。

 

 

 

 

昔ルアーを作り始めたばかりの時は、石膏で型を作っていました。

落とすと割れてしまうので、外側だけウレタンを塗ってあげたいして使ってました。でも使っているうちに内部がボロボロと崩れていってしまうんですよね。懐かしいですねー。

 

最初のトマトのウエイトの型は確か石膏でした。でもその内にこれじゃいけないと今使っているシリコンに直したんですね。

ある人にシリコンで大丈夫なの?と聞かれた事がありましたが、特に問題ないですね、もう・・・6、7年使ってるんじゃないかな???

 

 

 

今は無くなってしまいましたバスワールド誌で庄司潤プロがオリジナルジグヘッドを作ろうと紹介していたのを、友達に教えてもらったのがキッカケでしたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは撹拌

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

やっぱり割り箸が便利です!

ぐるぐるぐるぐる回してしっかり混ぜます。

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

しっかり撹拌出来たら今度はポリビーカーに入れて硬化剤を入れて撹拌!

少し多めに入れると硬めに出来上がるので、そうしてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

そして容器に入れていきます。このにょろにょろ感が溜まりませんw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頃合いを見て型を乗せていく。

ある程度硬化した所で乗せないと沈んでいってしまうので、そこが難しいです。

今日は時間が足りなかったのでここまでで終了!!!

 

 

明日完成させます。

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です