つかさ、メロンってどんなクランクなのよ?改


 

以前に書いた「つか、メロンってどんなクランクなのよ?」の記事を上書きしてしまったので、前とは少し違う内容でUPしました。ではどうぞ。

 

 

 

 

 

度々登場しているプロトタイプのクランク「メロン」

 

ふと前の記事を見返していた所、ある事に気がつきました

 

「つか、メロンがどんなクランクか書いてなくね?」

 

 

ということで現時点で書ける範囲でメロンについて説明していきたいと思います。

 

 

 

slooProImg_20140122173149.jpg

 

 

まずは簡単にスペックから!

 

 重さ1/2oz

 長さ67mm

 レンジ 1mぐらい

 

セミフラットサイドのシャロークランクになります。大きさはトマトよりも少し大きいですね

 

 

slooProImg_20140122173145.jpg

 

上がトマト、下がメロン

 

 

まず大きさについてですが、大体このくらいに決まっています。カバークランキングにおいてまずストレス無く投げれないと、狙った所に入れられないと始まらないという事でこの大きさ、重さになっています。テスターさんからの意見なのですが、江戸物の「爆」というクランクに鈴木美津男さんが求めたのと全く同じ意見だなと思いました。

 

 

 

ウエイトはトマトと同様の横円柱型になっています

 

slooProImg_20140122173147.jpg

 

 

 

アクションはタイト気味でヌルっとしたものにしてあります。トマトの正反対ですね。そのことからセミフラットサイドという形になっています。ジャントマとしては風の影響をフラットサイドよりは受けづらいし、浮力も確保しやすいので正直セッティングしやすい、作りやすいかなと感じています。フラットサイドになるとどうしても制限がかかる所が多いですね、浮力とか。

 

リップはスクエアでは強すぎる動きになってしまうし、ラウンドでは障害物に当たった時にスタックしやすいということでコフィンを試そうとしている段階です。今現在正直コフィンで決まりかなと思っています、勝手に。

 

フックサイズは一応前後ともに#4かなと、でもテスターさんは他の番手も試してくれているようで、自分もよく使い込まないといけないなと感じています。

 

 

あとこだわり(いらない?)としてはテールのアールですかね。曲げることでロールが強く入る事とルアーに揚力が生まれます。そこらへんとまた全体のパーツ群(ウエイトとかリップとか)のバランスを考えてクランクベイトを作るのが自分のスタイルですかね?

ルアーで大切なのはバランスだと思います、様々な要素がありますが全てが丁度良いまたは何かが突出しているんだけれどもトータルでみるといいバランスみたいな?ビックバドとかそんな感じかな?訳分かんないですね、忘れて下さい。

 

 

 

 

 

とまあ、こんな感じで春までにそれなりにまとまったものにしたいなと現在進行中!

 

DSCF1326

 

 

今日は仕事終わりの送別会終わりですが、これから作ります。

 

 

 

 

以上!ジャントマでした

 

slooProImg_20140116221500.jpg

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です