とりあえずアクリジョンには0.5ミリ口径がいいみたい!


昨日はセルロースセメントでのトップコートの実験君にアクリジョンで塗装。

 

Zemanta Related Posts Thumbnail

 

 

中々良さげな色になりました、黒とパーチに使う黄緑とオレンジを何も考えずに吹いたんですけどね。

 

 

下地のつや消しホワイトを吹いてからそのままの流れで0.5ミリ口径のエアブラシを使いました。 今回0.5で初めてアクリジョンを吹いたのですが・・・これがかなり使いやすかったです。

 

 

 

 

アクリジョンの欠点の一つにエアブラシに詰まりやすいという点があります。 なので、合間合間に水で濡らした綿棒でアクリジョンが固まらないようにします。0.2で吹いたときはかなり気を使いました。

 

DSCF1313

 

 

ですが、0.5だと詰まりずらい。もう、出来るだけ0.5で吹こうかなと考え中!昨年の12月からアクリジョンを使っていますが、本当の意味で慣れるにはもう少しかかるのかなー、まあ8年以上使っていたMr.カラーから急に乗り換えるんですからね、そうもなりますわ。でも希釈に関しては今回はパーフェクトでした、何もストレスなくスムーズに出来ました。余裕っす!おら!

 

 

アクリジョン初心者はまず0.5ミリ口径を使うことをお勧めしておきます!

 

 

 

 

昨日は1時間ぐらい塗装をしていましたが、終わった後の部屋は有機溶剤の臭いがほとんどなかったです。(すぐに窓開けましたが)本当素晴らしいですね。また頑張ります!

 

 

 

 

PS 先日のアクリジョンのユーストリームの中で長谷川迷人が言っていましたが、ひどいシンナー中毒になると(シンナーの染みたサンドイッチを食べたらしい)頭のてっぺんから足のつま先まで、痒くて痒くて仕方なくなるらしいです。で、医者に「治るけど薬を飲むと今度はひどい下痢になるけど、いい?」と聞かれたそうです。仕方なく飲むしか無いって言ってましたね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です