ノーネイムクランク#2/0を使い込んでみたい!その理由を聞いてくれ!!!


どうもこんばんは!カバークランカーのジャントマこと鴻丸タカヒロです。
 

只今とても使い込んでみたいクランクベイトがあるのです!!!
 

 

 

その名はノーネイムクランク♯2/0

DSCF1871

でっぷりしたフォルムが特徴のこのクランクベイト!吉田幸二さんプロデュースのデカバス専用って印象!

バサーオールスタークラシックで50UPを釣ってきたのが強烈でした!
では何故このクランクを使い込んでみたいと思っているのか?
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トマト、プロトタイプメロンの長所であり短所
 

 

トマト、プロトタイプメロン共にカバークランキングでとても釣れています。
が、現在この二つのクランクはバスのサイズが選べないところがあります。
これは長所であり短所です。

これは何故かというとカバークランクに必須であるハイピッチが関係していると思います。

最近よくキムケンさんの動画を見ていたのですが、ハイピッチなマッドペッパーマグナムは比較的小さいバスが釣れるが、カスカベル(キックバッカーだったかな?)はデカいのが釣れる事が多い!
それはピッチが遅いから、小魚はビビビと泳ぐのに対して大きくなるほどグオングオンとゆっくりした動きをするからだと思うと言われていました。

ハイピッチなトマト、プロトメロンにどハマりする話だと思いました。
カバークランクはハイピッチであるのが大前提なので仕方ないですが。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

デカバスを選んで釣れるクランク

 

バスがボコボコ釣れたこちらの釣行→カバークランキングの解説を交えての六尾!全てトマトで釣れました!!! |
一番最後に釣れた40UPはその前に釣れた35ぐらいのバスと釣れた場所が同じでした。
釣った後にデカいのが入ってきたとも考えられますが、たまに聞く「デカいのじゃなくて、近くにいる小さい方が食っちゃったよ」という事が発生したのかな?と思うわけです!
 

なのでこういったクランクにとても反応が良い状況では、デカバスを選んで釣れるクランクが必要と感じました!

小さいバスの多い将監川でも、「また小さいのが食っちゃったよ」ということがあったので、こういった場面でノーネイムクランク#2/0を使ってみたいんですね。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで久しぶりに引っ張り出してきた
 

 

かなり久し振りに使ってみた印象は、「凄い水押しだな・・・ってかこれビックベイト的な要素あるよね?」って感じ。
 

実際にカバーに投げていくと、若干使いズラいかな。カバー専用設計ではないと思うのでそこは仕方ないか。
 

この日はワンバイトノラず(デカくなかった)で終了でしたが、どんどん使っていこうと思います。本当にデカバスを選んで釣っていけるのか検証してみます。
 

 

PS キムケンさん盲腸で入院されているようです。早く治ってまた元気にデカバス釣る姿を見せて欲しいですね。
Posted from するぷろ for iOS.

 

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です