【ディファイヤー アルミーロ】 低伸度ナイロンラインでフッキングを改善!? 10


最近バラシが多い

 

最近トマトのカバークランキングで釣っている中で、以前よりもバラす確率が高くなりました。

最近試しているアウトバーブフックのせいかな?と思いましたが、早々にフックのせいにするのもどうだろう?
改めてタックルバランスを考えてみた。
 

 

 

 

 

 

 

6フィートグラスにナイロンライン

 

気になったのはレジェンドVIP 60にナイロンラインを組み合わせているという事!
これってよくよく考えるとフッキングが決まりずらいセッティングなのでは?と思いました。伸び伸びセッティングですよね。
グラスロッドでも長さがもっとあればフッキングは問題なさそうですが、どうしてもこの6フィートという長さからくるキャスト性能は譲れない!!!投げやすいし、キャスト決まるんだもん。
 

 

 

 

 

 

 

じゃあフロロ使えばいいじゃん
 

 

でもフロロってやっぱり沈みやすいので、クランクベイトをカバーに当てる時に先にラインが当たってしまいます。
それと硬いのでキャストアキュラシーが自分としては下がる。
最近あまり好きではないですね。
 

 

 

 

 

 

 

ってことで低伸度ナイロンライン

 

店頭で見てみると意外と低伸度をうたっているナイロンラインって多いんですね!
よくよく調べてみると、これまで使っていたナイロンラインは特に低伸度をうたっていませんでした。
なので低伸度ナイロンにすればフッキングの問題は解消するのでは?と思ったわけです。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

モリゾーイズム
 

 

中途半端なものを使っても中途半端な解答しか出ないと思って、1番良いであろうサンライン ディファイヤー アルミーロを買ってみました!!!
DSCF1840

 

 

 

 

 

 

 

DSCF1841

 

 

 

動画か何かで盛三さんが言っていた「遠くに投げたポッパーをしっかりフッキングするのに必要だったから、伸びないナイロンラインを作ってもらった。」という言葉が頭に残っていました。
まぁ、そんなこともあってこのラインにしてみたのです。
実際に両手に巻きつけて引っ張ってみた感じは「あ、少し伸びずらいかも」って感じ。よく分からないので
 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に使ってみた

 

 

 

 

先に書いておくとタックルはこちら↓

REEL:SS SV 103L
ROD:レジェンドVIP 60
LINE:ディファイヤー アルミーロ 17lb
LURE:Jumping Tomato Lures トマト
 

 

 

ルアーを引っ掛けてしまってバシバシやるのが、低伸度の度合いをみるのに分かり易いと思うのですが、今まで使っていたラインよりも確かに伸び感が少なかったです。
これは良さそう!流石にフロロと比べると伸び感はあります。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

肝心のフッキングもいい感触
 

 

今日は何とか二尾釣れました!
DSCF1842

 

 

 

 

 

DSCF1843

フッキングの感触は今までのムニューンとしたものがなく、ガツッとした感触!小バスでしたが、フッキングと同時にカバーから飛んできました。低伸度ナイロンならではでしょうか!今まで使っていたナイロンラインでは吹っ飛んでこなかったな。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

低伸度ナイロンラインにハマりそう

 

 

フッキング感が凄くいいですね!
カバークランキングではカバーからバスを引きずり出す事も重要になるので、低伸度ナイロンラインはとても良さそうです!
とりあえずフッキングの問題はこれで解消しました。果たしてバラシ率はどうでしょうかね?

 

 

 

 

 

 

 

 

⚠️2014/10/6 更新

何回か使ってきましたが、低伸度のナイロンラインは通常のナイロンラインと比べて切れやすい傾向があるように感じたので仕様を止めました。

通常のナイロンラインは伸びるからこそ切れないのでは?と感じます。

各社から出ている低伸度ナイロンですが、まだあまり研究が進んでいないジャンルのラインではないかな?と思います。

今現在ではデッドオアアライブストロングが気に入って使用しています。

             ↓クリック出来ます

 

デットオアアライブ ストロングがかなり気に入っている件!これはオススメ!

 

 

 

 

 

 

Posted from するぷろ for iOS.

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 thoughts on “【ディファイヤー アルミーロ】 低伸度ナイロンラインでフッキングを改善!?

  • たけブー

    いつも興味深い記事ありがとうございます!
    モリゾーさんのナイロン気になります。

    耐摩耗性も検証よろしくですww

    まだナイロンは怖いのでトップ以外はフロロにしてます。
    自分で検証したいのですがなかなか…

    • jumpingtomato Post author

      あまり雑誌などで紹介されてない記事が書きたいので、そういって貰えると嬉しいですね。

      そうですね、耐摩耗性も検証しておきます(笑)

      改めてナイロンを使ってみてとても気に入ってます。でもやっぱり太いのを使いますね。

  • 沖田

    モリゾーさんプロデュース低伸度ナイロンはあまりの高さに購入を断念しましたよ、ナイロンの劣化スピードを考えると手が出ません。:゚(。ノω\。)゚・。

    低伸度ナイロンはいくつか試した事がありますが、私は全く良い思いをしたことがありませんよ(;ーдー)

    魚を釣る分には問題無いのですが、根掛かりした時に引っ張ったり瞬間的に強い力がかかるとると伸びて粘らない為か、伸びるナイロンに比べて遥かに切れやすかったので今は使わないです(*・ε・*)

    飛距離を気にしないのでしたらよりラインを太くすると言うのも手ですよ、低伸度程とはいきませんが太くなれば太くなるほど伸びは少なくなるので。

    ではまた

    • jumpingtomato Post author

      値段は高めですね、150mなので買いました。

      自分はめっきり低伸度が気に入りました。しいていえば硬さはありますね、しなやかさは少し欠けます。

      太いとルアーのレスポンスが落ちるので最高で17lbですかね。20lbだとキャストしずらい所もあります。

      またおいおいインプレしていきますよ!

  • さるお

    低伸度、結束強度、耐摩擦性、長期耐久性、適度なしなやかさ、コストパフォーマンス…
    トータルパフォーマンスに優れまくりで愛用してやまないナイロンライン『バークレイ トライリーンZ』

    春にトマトさんで50up獲った際のラインはコチラでした♪
    岸際のブッシュに突っ込まれて擦れまくりましたが、余裕で抜き出せました☆

    • jumpingtomato Post author

      コメントどうもです。
      バークレイ トライリーンZ ですか使った事が無いですね、今度使用してみますかね。興味ありです。

      トマトで50アップ釣った時はディファイヤー アルミーロだったんですね。中々いいラインですよね!まだ使い込んではいませんが・・・。
      ラインに関してはこれから色々と試していきたいですね。

  • さるお

    いえ、50up釣れた時のラインがトライリーンZですよ☆
    この時は20lbでしたが、16lbでも充分に強度や耐久性は高すぎるぐらいあるラインです♪

    地域にバス専門店があるのですが、そこの店長さん曰く、アルミーロはバサつき(劣化?)が始まるのがトライリーンZよりも早い気がすると…

    50m沖のビッグトップウォーターへのバイトも難なくフッキング出来る低伸度☆
    ホントにオススメですよ♪トライリーンZ☆

    • jumpingtomato Post author

      すみません、間違えてしまいました!

      なるほど!中々興味深い話です!そんな事言われたら買うしかないですね(汗)
      キムケンさんが使っていたスパイダーワイヤーも気になるんですよねぇ。

    • jumpingtomato Post author

      ありがとうございます。

      そうなんですよ!調度自分も昨日見てました。凄く参考になりますよね♪

      スパイダーの方は通販限定のようなので残念です。それでディファイヤー アルミーロにしたんですけどね。

      わざわざコメントありがとうございます(^^)