ヘビーシンキングミノーの釣りの応用を考えてみた件!!!


 

先日日原川に行った時↓の話

奥多摩の渓流、日原川でイワナ、ヤマメ釣りました!
 

 


渓流に行くともっぱらスプーンを使う自分ですが、どうも巷ではヘビーシンキングミノーが流行っているそうな。
なんとなく知ってはいたものの、自分は一つしか持っていない。つかどんなメリットがあって使うルアーなのか全く分からないので、田崎氏に聞いてみた。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘビーシンキングミノーってスプーンと何が違うの?

 

 

 

聞いたとこによるとスプーンのようなただ巻きしてくるルアーだと、トラウトがいつまでも付いてきてしまってバイトまで持ち込めないケースが多い。
そこでヘビーシンキングミノーをトゥイッチで動かしてやると、トラウトはミノーがヒラ打つ方向にリアクション気味に反応してくれるので、スプーンよりもバイトに持ち込み易い!
ということらしいです。
 

因みに田崎氏は初め連続トゥイッチで攻めてトラウトが何処から出てきたかを見て、次のキャストでその出てきた所でミノーを一瞬止めて食わせてやるのだと言っていました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バスに応用出来るのでは?

 

 

バスにヘビーシンキングミノーを使うのはしっくりこないとは思いますが、クランクベイトにショートバイトでノラないような時、付いてくるんだけれどバイトしてこない時には、同じようにミノーのトゥイッチでリアクション気味に誘ってやるとしっかりバイトしてくる状況があるのでは?と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

ショートバイトをなるべく取りたいとクランキングタックルを組んできましたが、何か違和感を感じているところがありました。どうしても限界がありますからね。
上記の様な事があった時に、ミノーのトゥイッチ、ジャークを試してみようと思いました。
基本的にハードベイトはワームと比べるとバイト数が少ないですが、状況に合った使い分けで、今よりももっと釣れるようになると思うんですよね。
今回また新しいテーマが出来たので、色々と試しながら釣りしていこうと思いました。

Posted from するぷろ for iOS.

 

 

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です