クランキングタックルについてまた色々考えてみた件!!!


 

どうも、こんばんはジャントマです。
 

 

この前の亀山釣行でノラなかった魚の事を考えていたら、やはりカーボンよりもグラスロッドを使った方がいいかなと考えてしました。(使っていたのはシェスタ511ML)
シェスタはめっちゃ投げやすいんですけど、カーボンなのでノラない事があると後ろめたい気持ちになります。
グラスでノラないのなら諦めがつくんですけどね。
 

 

それとカバークランキングでボンボン投げて、スキッピングもしたりするとキャストフィールがどうしても重要になってくる。フロロだとどうしても硬さがあるので、ナイロンに比べると投げずらい。
折角リールやオイルに拘ってるんだし、ナイロンにしようかなと。
 

 

 

今までフロロを使っていたのは、やはり強いからですね。
しかし先日
「フロロはナイロンと同じポンド数でもダイアメーターを見ると太い。そりゃフロロの方が強いって話になるよ!」
と聞いたので、ナイロンにしようかなと。
 

 

 

 

あとフロロだと沈みやすいので、クランクが泳ぐ前にラインが障害物に当たってるだとかも聞きますね。
キムケンさんも動画の中で言われていました。
 

 

 

 

 

ということで、ローギアのリールでグラスロッド、ナイロンラインの組み合わせになるなーと思っていたら。こちらの動画で奥村さんがアメリカでは何十年も前からその組み合わせと言われてると言っています。
 

 

 

この動画で言っている理由とは違うけど自分もそのタックルバランスになりそうです。
 

 

 

IMG_0492
Posted from するぷろ for iOS.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です