これってもしかして・・・!? メロンはトマトの双子になるのか???


 

プロトタイプのクランクベイト「メロン」

 

IMG_0384

 

 

現在開発を進めている所だけど、今回気がついた点があったのでその事について書いていきたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで作ってきたのを並べるとざっとこんな感じ

DSCF1667

これ以外にもあといくつかある、それなりの数になってきた

これらは何を変えるべく作ってきたのかというと、「アクション」と「障害物回避性能」と「レンジ」。

 

 

 

作り直し続けてきて、それぞれの条件をより理想のものに近づけてきたので、ボディとリップの大きさやフックの番手などほぼ決定していると思ってます。

 

 

最初はどうもボディが大きかった

DSCF1669

左が最新で、右が今年の始めに作っていたモデル

 

 

 

ボディは大きく(長く)ない方がレンジが浅くなり、動きのキレも上がります。最初の方のモデルは動きのキレが少なく、潜りすぎていました。

狙ったレンジにジャストな潜行深度とよりピッチをあげて距離の少ないカバーの中でもしっかり魚を誘えて、回避性能を上げれるようになったと思います。

 

 

 

 

 

 

で、最近気付いたのがその全体のルアー形状がトマトにとても似てきたという点。

DSCF1670

 

DSCF1671

サイズ感、リップの大きさがかなり似ているし、ウエイトの重さ、フックの番手は同じになった。

 

 

 

10年以上前にロドリさんの記事の中で当時ラッキークラフト社の加藤さんが「いいシャッドを作ろうとすると、結局ベビーシャッドの大きさ、セッティングになってしまう。」みたいな事を言っていました。いいルアーっていうのは必ずそれぞれのパーツが黄金比で組まれていると思います。

 

今回開発しているメロンが、多くの人から評価して頂いているトマトのセッティングに似てきているのは必然であって、良い方向に開発が進んでいるのでは?と思わせるものでした。

 

 

 

今日はこれからまたメロンの試作を開始しますが、これまたトマトに寄っていくセッティングなんですね。メロンが完成した時にはトマトの双子のような見てくれになっているかもしれません。

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です