【考察してみた】傷ついたトマト(ハンドメイドルアー)の補修!  2


 

さて、いいバスを釣ったトマト・・・
DSCF1596

 

DSCF1590

 

 

やはり結構傷が付いてる!自分としてはこの勲章が大好き!
 

でもでも↓みたいなバルサまでイってんじゃね?的な傷は嫌ですよね?

DSCF1593

 

いつもよく乾かしてから瞬間接着剤で埋めて補修!
このやり方はビルダーさんが紹介してたりする。
自分もいつもやってるので!「よっしゃ!ちょくら直してやっかな!!!」と、思ったんだけど・・・

 

 

だけど・・・

 

 

 

よくよく考えるとトマトって下地からトップコートまでセルロースセメントじゃん。

セルロースセメントは下にある膜を溶かして一体化するじゃん!
・・・じゃあさ、セルロースセメント垂らせば良くね?その方が強度高いかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

l 実際にやってみた l

 

DSCF1598

 

 

 

 

 

 

爪楊枝でセルロースセメントを取って

 

DSCF1600

 

DSCF1604

盛る!!!

 

 

で7時間後↓

 

 

 

 

 

 

DSCF1609

分かりづらいですが、艶が出て綺麗に補修されてる。

 

強度はどうなのかは、使ってみたいと分からないけど多分そんなに瞬間接着剤と変わらないんじゃないかな???

特別メリットないんじゃね?という検証結果に・・・(笑)ホント無駄なことするよな、俺は。

 

 

 

 

 

 

 

でもこれでは不服すぎるので、「何かさ他にいい方法ってないの?クグッてみっかな?」と検索開始!

 

自分が調べた範囲では、サム山岡さんが傷ついたルアー(セルロースセメント仕上げ)の補修方法を紹介されていました。(リンク先を貼らせて頂きます。)

 

サム山岡がハンドメイドルアー(セルロース使用タイプ)の修復について回答致します。というページ!

 

めっちゃ綺麗になっています!流石ですね!!!

しかし使い込み感が消えてしまうのが、少し残念だなと思いました。これについては

 

「修復したことによりフックマークはかなり消えましたが
それと同時に本気で喰ってきた時の歯形も消えてしまいました。
修復するかそのまま使うかは貴方次第です。」

 

と言われています。

 

 

 

 

 

l 結論 l

 

一応まとめると、とりあえず瞬間接着剤で直すのがいいですかね。手軽だし。強度も悪くないだろうし。

 

期待された人にはすみませんな結果・・・でした。

 

まぁでも、自分としてはサム山岡さんのサイトの方にたどり着いて、研究出来たのが良かったです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted from するぷろ for iOS.


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 thoughts on “【考察してみた】傷ついたトマト(ハンドメイドルアー)の補修! 

  • にし

    先日、届きましたジャンピングトマト(パーチ)を早速実釣させて頂きました。結果としては30匹ほどの水揚げでした。ブログのカバークランキングはGOODでした!ジャンピングトマトは海を越えて、中国で使用させていただいています。中国ではカバークランキングなどしている方は少ないのでは?(そんなクランクは売ってない?)

    • jumpingtomato Post author

      どうも、コメントありがとうございます。

      中国でトマトで30匹・・・ということでとても驚いています。

      中国のバス釣り事情に関しては全く分かりませんが、カバークランキングをやっている方はいなそうですね。

      今後とも毎日更新していきますので、良かったら見て頂ければ嬉しいです、ありがとうございました。