CV-66


Crank Bait ∞ Vibration

【CV−66】 についての説明

 

 

 

 

Spec:Length 66mm  Weight 約15g  Range 0.3~1m

 

 

 

CV-66は秋にオカッパリで巻物に反応の良い時にコンセプトが浮かんだルアーです。

バイブレーションやクランクベイトで釣果が出ている時に、

 

「バイブレーションは遠投が効くけど沈むから、遠投したら直ぐに巻き始めないといけない」

「バイブレーションは根掛かりが怖い」

「クランクベイトは遠投がしづらい」

 

などのデメリットを解消するべくこの形にたどり着きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使用感について

 

 

 

このルアーの本質は秋によく見られる「横方向の動きに魚が反応する場面」で、より効率的に魚にアプローチしたいという点です。

 

そういった事から、レンジ設定は遠投すれば最大で1m以上、ショートキャストでは30センチ程度しか潜らないようにしました。

これは遠投した際に出来るだけロッドを高く上げないで、手元まで巻いてきたいと思ったからです。その方が楽(効率的)ですし、ロッドを低い位置に構えられた方がフッキングがしやすいと考えたからです!

アングラーに楽をさせるのもルアーの性能と考えました。

 

アクションは丁度クランクベイトとバイブレーションの中間的なもので、クランクベイトよりもマイルドでバイブレーションと比べるとボディ全体が震えない・・・そんな動きです。

 

 

 

 

このルアーのデメリットとしては、バイブレーションの性能が加わった事で、クランクベイトよりもスローリトリーブが苦手という点です。

スローに巻いてじっくり攻めたいという場面ではクランクベイトを使って下さい。

ですが、逆に川のように流れのある場面ではクランクベイトよりも使いやすく、巻き抵抗が少ないです。

見た目そのままバイブレーションとクランクベイトを足して割ったような使用感ですが、これは実際に使ってみないと何とも分かりにくいと思います。

 

 

一応秋を意識して作ったルアーですが、ボディがフラットなので水面でのトゥイッチによる首振り、ダイブではヒラを打ってくれますし、カバークランキングもこなす芸達者な一面もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CV-66の素材について

 

 

 

 

 

木材はバルサを使用しています。

 

 

浮力が高く、加工しやすいのが特徴です。

その浮力をハイピッチなアクションやカバーの回避性能に活かしています。

 

バイブレーションの一面をもっているCV-66はボディシェイプがとても微妙で、リップにお任せするクランクベイトと違い、良い動きを出すにはシビアな調整が必要でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウエイトは左側の円柱を採用!

 

 

四角いウエイトの方が飛距離が出て良かったのですが、より細かいピッチの高い動きは円柱。

カバークランキングなどの狭い範囲で魚を誘う事などを検討した結果、円柱に。

 

径のバランスが難しく、ベストバランスにする為に何度もシリコン型を作り直しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コーティングは下地セルロース、仕上げはウレタン

 

 

これは一般的なハンドメイドルアーと変わらないですが、コーティング回数を見直しバルサを活かす厚さにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使用タックルについて

 

 

 

このルアーの引き抵抗は「軽くてマイルド」な所ですが、悪く言うと「グラスロッドだと振動が分かりにくい」

 

なので初めて使う人は、カーボンロッドにフロロの12〜14lbが使いやすいと思います。慣れてくればナイロンにグラスでもいけます。

自分は投げやすさと根掛かりの回収を考えてナイロン16lb! どんなルアーでもそうですが、カバーに強いと行っても100%根掛からない訳ではないので、ウェーダーと根掛かり回収機があると最強ですね!

 

リールに関してはハイギアでもローギアでもお好みで!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解説動画

 

 

 

 

     準備中・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラーチャート

 

 

 

 

 

赤ギル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウッドスルーブラックバックチャート