プロトタイプが徐々に仕上がってきてます。MRクランクはこんな雰囲気。


プロト期間

 

 

 

今度はトマトとコロンブスを作ろうと思っているのですが、その前に作りたいルアーがあるのです。

プロトタイプなのですが、まずはジャークベイト!

 

 

 

 

 

 

 

少々体高があるタイプになっています。

 

以前にも色々と作っていましたが、とりあえずこのタイプは継続して作ろうと思っています。

最近、「ルアーはフィーリングで作る!」事にしています。「もう少し小さい方がよくね?」「もう少し重い方がよくね?」といった感じ、空気を読むわけですね。

今まで、理論的に「ウエイトがこうだから〜・・・」なんて事を考えていましたが、遠回りな気がします。

 

なのでこのジャークベイトは何となくで作っています。

だからといってテキトーというわけではありません(笑)このサイズのジャークベイトに対してのウエイト形状がどんなのがいいかと実験してます。なので3つ作りました。

考えても分からないので、作ってみるしかないわけですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MRクランク

 

 

 

 

 

 

もう1つのプロトがこの前書いたMRクランク

 

プロトタイプはどうなるか分からないワクワクがあるので、本当に作っていて楽しいです。趣味みたいなもんですね。いくらでも作れます。

房総のリザーバーはバンクが急なので急潜行モデルがいいかな?と思いつつも、そんな風には作っていません(笑)コーティングしながら思いつきました。

 

 

 

 

 

顔つきはこんな感じ

 

ま、テキトーですが、良いんじゃないかな?こんなもんで!

 

 

 

 

 

 

 

 

中身はこんな感じになってます。

 

 

この前一緒に三島湖に行ったTさんと話してたんですけど、「ルアー作らない人ってルアーの中身見て面白いのかな?」という話題が出ました。

そう言われれば興味ないかも・・・。

多分興味ない(笑)自分はもうすっかり「ルアーを作る側の人間」になっているので、感覚がおかしくなってます。

 

でもネタとして一応載せておきます。

 

 

いつも言ってるんですけど、ポイントはウエイトです。

このクランクは円柱のウエイトをスライスしています。こうすることで、低重心で泳ぎが安定します。それとウォブリングが綺麗に出ます。その代わりにローリングは出にくいと思います。

因にこのウエイト形状はエリア用のガトリングシャッドに採用しています。あのサイズのシャッドにはバッチリの相性でかなり心地良く使えて、なにより釣果がずば抜けています!!!

 

今回のMRクランクに使ってどうなの?ってのは、実際に使ってみての判断になるんですけどね。

「なんかいまいちかな〜」ってなったらすぐに止めます。空気を読みます。

 

 

 

今週中にはスイムテストに持っていけるかな?楽しみです!

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です