ガトリングシャッドの釣れる秘密について、詳しく解説


もっとカッコ良くしたかった

 

 

 

 

 

 

さて、只今コロンブスはこんな状態。

 

もう少しで仕上がりますよー!ってとこですね。今回はセクシーシャッドとチャートギルみたいなカラー。

セクシーシャッドのイエローラインはリアル顔にすると以前のテンプレートが使えなかったので、新しく作りました。正直「めんどいなー」と思ったのですが、そこはひと手間!やはりキッチリ作ってあげると仕上がりが違いますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に作るのはこのルアー

 

 

 

 

 

さて、製品化が決定してからまだ生産になっていない菅釣り用のシャッド「ガトリングシャッド」

これの解説をしていきます。最近やっていなかった詳しい感じの解説にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルアーを作る時にまず考えるのが形、大きさとウエイトの形です。

 

 

色んな形状、大きさの型を作ってきました。

 

その中でも重点を置いているのがウエイト形状。これで性格が決まると思ってます。鉛の丸いウエイトしか使わないってどうなの?って思います。

 

 

元々、上永野フィッシングリゾートに行った時に、「小型のシャッドが必要だな」と思ったのがきっかけです。

まぁこれはいつもそうなんですけど、バルサを使うので、ハイピッチなレスポンスの良いものを作りたいなと、思いました。

ただ巻きでしっかり泳いで、ハイスピードでも使ったりするのが好きなので、低重心の安定しやすいウエイトが良いかなと。

 

じゃあどうすんの?ってとこなんですけど、1つ浮かんだのが以前作ったルアーに使っていたウエイト

 

 

 

 

円柱ウエイト

 

これを薄くして使えばウォブリングしやすく、低重心に出来るんじゃね?と試作してみる事に!

 

 

 

 

 

 

こんな感じ

 

あとで再現出来るようにiPadにデータは残します。

 

 

 

 

 

 

 

 

出来上がったのがこちら!

 

 

全くの偶然ですが、ファーストプロトで改心の出来でした。ジョイバレーでは延々釣れ続いたりして凄く嬉しかったです。

で、実際にどんな動きになったかというと、ただ巻きのレスポンスが良くて低重心なので強くジャークしやすいシャッドになりました。

 

正直ただ巻きでは全然使ってないんですけどね。

 

 

 

使っていて分かったのは、このルアーのキモはウエイト形状だと言う事。

魚にスイッチを入れるミノー、シャッドの要素として1つ、「速い動き、キレのあるダート」があります。スピードのあるものに対して魚が急激に反応します。

なので、「トゥイッチは食わせ」「ジャークはリアクション」という認識で、自分は使い分けています。

 

で、よくある既存の小型シャッドはジャーク(強く早く動かす)に耐えられなくて、トゥイッチでちょこちょこ動かして食わせるような使い方が一般的だと思います。それだとスイッチが入りにくいです。

今回作ったガトリングシャッドはウエイト形状のお陰で、低重心で安定性が強いのでバシッバシッと動かす事が出来たり、止まっている状態からジャークで一瞬動いてまたピタッと止まる、というスイッチの入りやすいキレのあるアクションが出せるんです。

だから釣れるんだと思います。動画を撮ったりもしましたが、ジョイバレーでもリヴァスポット早戸でも水面下50センチでジャークしていると水面を割るほどに食い上げてきます。それだけスイッチが入っています。

 

 

ウエイト形状を四角いものにしてしまうと、恐らく安定し過ぎちゃって、おとなし過ぎる動きになっちゃうと思います。

ルアーは何でもバランスだと思いますが、丁度その辺が上手い事いったと思います。

 

 

次回は少し話がそれちゃうんですが、薄い円柱ウエイトをミノーに使った場合にどうなったか?を書いていきたいと思います。

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です