試作?ライチに今まで塗装した事の無いカラーを吹いてみました。 2


シークレットシークレット

 

 

 

先日リリースしたライチですが、久々に作ってみてサイズ感とリアルフェイスといい雰囲気だなと思いました。

一応これからも作っていこうかな?と思います。

 

 

さて、そんなライチですが、日頃お世話になっている方に作る機会がありまして、今まで作った事の無いカラーを塗りました。

こんな事をするのも久しぶりな気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

マジョーラギル

 

以前にも作った事がありますが、以前のはウロコ模様のアルミボディ仕様でした。アクションレスポンスを下げない「顔だけアルミ」仕様のマジョーラギルは今回が初めてです。

 

どうしようかな?と考えながら塗っていきました。

まず側線のマゼンダ/ゴールドのマジョーラを使う事から始めました。次に側線上部のパープル、これはブラックのウロコ模様を吹いてからアメジストパープルのパールを吹いています。この前オリジナルハンクルを見る機会がありまして、パールの使い方が勉強になったので、参考にしました。見る角度によってパープルがじんわりと光ります。

 

見る角度によって・・・、となるとやはりマジョーラ。背中はパープル/グリーンのマジョーラを吹きました。写真では中々本物の雰囲気が出ませんね。

 

ギルカラーを塗るといつも思うんですが、結構暗めのカラーを使う事になってしまうので、顔は明るめにクリアイエローを吹きました。

エラの後ろの青いドットは外せませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グリーンチャートギル(仮)

 

 

本当はグリーンではなくブルーだったのですが、ベースのチャートに反応してグリーンになってしまったカラー。

個人的にはクランクベイトらしいカラーに仕上がったかな?という印象。マッディレイクで是非使ってみたいカラー。

 

ギルカラーのチャート系は苦手意識がありましたが、今回のこのカラーはいいですね。メモっておきます。

 

 

作り手らしく細かい所をいうとポンチで開けた目の大きさがいいです。マジョーラギルと比べると迫力のある目になっていませんか?

レジンアイよりも少し大きめに穴?を作ってやると良いですね。勉強になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラウン

 

ベーシックなカラーですね。自分はあまり作らないカラー。

顔以外のシルバーは普通に塗料を吹きました。アルミ顔のせいか以外としっくりくる感じで気に入ってます。ボディが寂しくなってしまうカラーにはやはりヒレですね(笑)入れときゃとりあえずしっくりきます!

 

 

 

 

 

 

 

といった三色になります。

今回作ったこの三色はこれから製品にも加えようかな?と思います。マジョーラに関しては昔はビビって使っていましたが、最近はもう普通に使っています。ただのメタリック塗料だと思ってます(笑)

ペイントアイも作ろうかなと思っていましたが、やはりリアル顔ですかね。

 

ペイントアイ作るなら、シャークマウス限定ですかね。

 

 

 

 

 

 

 


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 thoughts on “試作?ライチに今まで塗装した事の無いカラーを吹いてみました。

  • kazu

    今回のライチ、ショップの検索でこまめに、jumping-tomato-lures.と検索していましたがまったくライチが出品されす、、
    おかしいと気づき、ライチと検索したころにはすでにsold out (T ^ T) 次の作品楽しみにしています(T . T)
    シャークマウスカッコいい〜

    • jumpingtomato Post author

      すみません、競争率が高くなっているようで・・・。今年中にはオーダー制復活出来そうです、多分。

      シャークマウス用のテンプレート作ろうかなー。