プロトのマグナムミノーが完成しました!新しくタックルも購入!


フランクフルト

 

 

 

以前に書いていたマグナムミノーが完成しました。

 

 

目玉が大きくて少し可愛い感じになってしまいました。

カラーはログのカラーを検索して真似てみましたが、微妙ですねー。ま。カラーはそんなに気にしていない人なので大丈夫。

 

 

 

 

サイズ感はワンテンと比べて一回り半大きい感じです。

 

フランクフルトぐらいの大きさです。

 

シェイプはフラットではなく丸くしてあります。バルサのレスポンスを最大限に生かす為です。

正直フラッシングって釣れる要素だとは思っていません。だって丸い形したログのホットタイガーで釣れるんだもん。人間が釣れるってのが今の所の意見です。

 

それよりもやはり動きですかね。

 

 

早速近所の池で投げてきました。

初めてらしくそれなりの仕上がりですね。ウエイトの位置、重さなどちょいちょい調整して理想になりそうです。あとは実釣ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タックルが必要

 

 

 

この大きさになってくると、当然タックルが必要になってきます。

この前新利根でログやワンテンに使っていた、511のMLじゃ動かないわけですよ。

 

 

 

 

 

 

ダイコーのバロウズ 64H

 

殆ど知られていない・・・と思います。はい、自分も全然知らない竿です。

たまたま黄色いお店であったので買いました。

 

最近は別にメーカーは殆ど気にしないですね。高いロッド使ったからって50UPが釣れるわけじゃないので、本当に道具としてみています。

本当は63MH表記のロッドを探してましたが、たまたまこのロッドを見つけました。「マグナムミノー使うにはこれぐらいの硬さが必要かー、長さもギリギリ許容範囲だし。いいんじゃね?」

てか64Hなんて表記のロッドなんて中々無いと思うしね、僕が選ぶロッドはどれも人気のないものばかりですね。

 

 

実際にちょい投げしてきましたが、良い感じ!もう少しテーパーがファースト気味でも良いかなと思いましたが、まー中々100点は無いですからね。

早く釣りに行きたいです。

 

 

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です