マグナムミノー?ライチの製作が遅れています。 2


不調

 

 

先週職場の勉強会で電気治療器をガンガン掛けてから、ずっと背中から首の痛みが続いています。

なのでルアーが作れていません。

 

んー、中々痛みが抜けなくて困っています。

 

 

それと疲れが全然抜けなくて、体調悪いですねー。

なので昨日は休みでしたが、早めに寝ました。

九時間ぐらい寝て何とか良くなってきたかな?という感じなので、今週は無理無く進めていきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マグナムミノー

 

 

 

 

 

先日リヴァスポット早戸でラトリンログでよく釣れました。

やはりあの動きはヤバいなと思ったのと同時に、全然デカくていいんだと感じました。

ならばどこまでデカくていいだろう?という1つの疑問が出てきました。

 

それを調べてやろうという事で、今回試作をしました。

 

 

まず釣具屋に行き、市販されている一番デカいクラスのミノーを確認。

ルドラやバリソンミノーなど大体これくらいが同じサイズ感で、市販の中でMAX級。

メガバスのカナタはもっと長いようですが、実物が見れなかったですね。あれは薄いんだよな。

 

 

で、その市販されているクラスは恐らく釣れると思う。それよりも一回り大きくした時に魚が反応するのか?(多分する)ミノーとしてちゃんと動いてくれるのか?

そこを知りたくてルドラよりも一回り大きいミノーを試作予定です。もう少し大きくていいかな。

 

 

最近ミノーなどを作っていて思うのは、バルサと相性がいいルアーだなと思います。

色んなミノーがあると思うんですけど、自分の作るミノーは「キレのある動きでスイッチを入れる」そこしか考えていません。

バルサを使うので、浮力を最大限に生かしたハイレスポンスを出してあげるわけです。もっと飛距離が欲しいとか何とか言うなら他のミノーを使ってもらうだけです。

多分飛距離はまぁまぁになると思います。

 

 

 

 

 

で、一応スピニングで使いたいので、新しいロッドとリール、ラインが必要になってくるわけですね。

その話はまた今度。

 

 

 


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 thoughts on “マグナムミノー?ライチの製作が遅れています。

  • かんたりか

    関東にいると大きいのって使う事少ないからあれだけど、リアクションベイトって考えると大きくても小さくても関係ないって思うよ。
    むしろ大きさで小さいのにもスイッチ入れられない場合はリアクションベイトとしてダメって事じゃない?

    • jumpingtomato Post author

      うー、難しい話ですねぇ。
      まず管釣りで小さい魚が要らないので、デカくしました。
      リアクション性だけ考えると小さいルアーの方が早く動けるので良いんですよね。

      その辺の答え合わせを作って、また現場で試す感じですね。