プロトシャッドの名前が決定!六月中旬から生産開始予定!


決まる瞬間

 

 

 

3月頃から作り始めたプロトシャッド。

デビューのジョイバレーでいきなりの効釣果!延々釣れ続くという初めての経験でした。

それから行く先々で安定した釣果、小型シャッドという事もあって場所も選ばず投げやすいです。

 

異例の早さで製品化が決定しました!

 

 

で、ずっと決まっていなかった名前。

先日何となく寝転んでいた時に、「キラーシャッド」という名前を思いついたんですけど、なんかワームで既にあるみたいですね。

自分の考えでは「とにかく釣ってしまう。」「強制的にスイッチを入れる。」というのがこのルアーの特徴だと思っているので、死神だとかキラーだとかそういった言葉を使いたいんです。

 

 

なんかないかなー?しっくりこないなー?

と思っていた所で、ピンときたのが「ガトリングガン」

ガトリングガンで出てくるのが、漫画「るろうに剣心」で出てくる御庭番衆の般若がガトリング砲で打たれるシーン・・・。

今も昔も「あの時代にガトリング砲は無理ゲー」と思ってしまう。

 

 

まぁそれはいいとして、そんなところから名前が決まりました。

 

 

 

 

「ガトリングシャッド」

 

 

 

になりました。

んー、なんかイメージがしっくりきましたね。管釣りでポンポン釣っていく感じが、ガトリングガンの連射っぽくて良いです!

あー、やっとすっきりした。プロトシャッドって書くのにずっとモヤモヤしてました。

 

 

 

今作っているライチが出来上がったら、製品化に向けて動いていこうかな、と思っています。

まさかこんな小さいシャッドを作るなんて思っていませんでした。でも作ります、このルアーの釣果は凄いです!

 

 

きっかけは今年行った上永野フィッシングリゾートで小さいミノーが調子良かった事。

クリアレイクでフィネスなルアーが必要と思ったのが大きかったです。ただ小さいルアーなら正直嫌いなんですけど、コイツはリアクション要素が強いルアーなので、とても好きですね!

水面下50センチぐらいをダートさせる事が多いんですけど、魚が下から突き上げて水面を割るのはたまらんです!小さいルアーでビッグバイト!!!

 

あー、また上永野行きたいですねーーー。暑くなる前に行こうかな。

 

 

 

ま、そんな現状ですね!

作るルアーが多くなり過ぎて、もう本当に手が回らないですね。どうしよう。

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です