作り方をちょいと変えたら、ルアーの綺麗さが上がりました!


連休の予定

 

 

毎年どこかに出掛ける事が多かったですが、今年は特に予定がありません。

釣りの方もどうせいつも行ける所なら、わざわざ混み合う連休に行かなくていい、という考えです。

 

ルアーを作っている予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作り方

 

 

 

 

 

ライチを試作しています。

 

 

久しぶりに作って前回のライチは、少し動きがおとなしかったので調節という事でまた作っています。明日完成予定!

んー、改めてカッコいい!

 

 

今回はウエイトの位置の調節をしているのですが、それと同時に顔のアルミの貼るタイミングを変えました。

以前のより、コーティングの重ねた上で貼っています。でもコーティングの回数は変えていないので・・・。

つまり今までのものより表面に出ています。

 

何故そんな事をするのかというと、顔のアルミを綺麗に貼りたかったからです。

 

 

 

 

 

 

 

上が新、下が旧

 

 

使用感の差はあるものの、表面のつるっとした感じが全然違います。

イケメンになりました。

 

 

 

 

 

 

ニューバージョン!

 

 

 

 

旧バージョン

 

 

 

ただ、デメリットもあります。それはアルミまでのコーティングが薄くなったので、使っているうちにフックサークルが早くアルミに到達してしまうという事。

まぁでも個人的には気にしません。自分が使った証拠が残るだけですから、傷付くのがまた愛着が湧きます。

 

 

 

 

 

 

因にメテオも同じ仕様にしました!

 

今までより顔の彫りがハッキリしました。嬉しいです。

 

 

 

 

 

ルアーっていつも思うんですけど、作っても作っても改善点が出てきますね。

ホント終わりがなくて、いつまで作らされるんだろうか?って感じです。でもやる事がないと結局ルアー作っちゃうんですけどね。ボーッとしてるのも暇なので。

 

以前ムック本「匠の素顔」のインタビューで「自分が50ぐらいになった時にどんなルアーを作っているのかとても楽しみ。」なんて言いましたが、自分自身この発言をハッキリ覚えています。

あのときの自分がこのメテオミノーをライチを見たら喜ぶだろうなと思うと同時に、今の自分にとってはもう普通で当たり前。

 

もっとワクワクするようなルアーを作りたいなと、思います。

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です