扁平ミノーのスイムテストに行ってきました。実践投入決定です!


ピョンちゃん

 

 

 

朝や夜のニュースで見ている平昌オリンピック。

注目は高梨沙羅ちゃんや羽生君ですが、ハーフパイプが個人的にかなり注目でした。

 

金メダルを獲得したアメリカのショーン・ホワイト凄かったです!カッコいいですね!オリンピックだけじゃなくて、世界大会などのハーフパイプもこれから見ていこうかなと思いました。

これは多分4年前にも書きましたが、ジャンピングトマトというのはショーンホワイトのニックネーム、フライングトマトを間違えた所からきています。

 

 

また4年後も金メダル取るのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スイムテスト

 

 

 

 

 

 

 

扁平ミノーのスイムテストに行ってきました。

 

 

ルアーを作っていて面白い所は、作っている最中は勿論考えてウエイトの位置やボディの形をデザインするんだけど、結局泳がせてみないと分からない所。魚に聞いてみないと分からない所ですね。

水に入れてから、まずはアイチューン。その後で泳ぎを見るんですけど、本当にドキドキします。

 

今回の狙いはジャーク時の安定性。

今までは気遣ってジャークしないと高確率でバランスを崩してしまいました。それを考慮して作った今回は、良い感じに安定しました。

 

ですが、これが良いとも限らないのが難しい所、魚に聞かないといけない所ですね。

安定するとトリッキーさが失われますね。魚にスイッチを入れるきっかけが減る・・・・と思うのでそこが難しい所。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

超逆光

 

 

 

今回3本作りましたが、一応3つとも実践投入ですね。

その中で一つ反応の良いものをピックアップして、またより良いバランスを考えて3つ派生させていく感じですね。

シンプルですが、ルアーの作り方ってこれでいいなと最近思います。

 

このルアーに関してはまだ七個しか作っていないですが、結構まとまってきた気がします。

今まで作ってきたクランクベイトなどは、かなり時間が掛かって試作が多過ぎた気がします。

 

よく「こんだけ作りました!」みたいに見せたりしますが、(自分もそうでした)多いから凄いって訳でもないですね。

30個作っていきつくよりも10個作っていきついた方が、効率的です。余った時間でまた違う作業が出来るわけです。

しっかりとしたテストは必要ですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です