新作メテオミノーを作り始めました。釣れるミノーには訳がある!


次回作はメテオミノー!

 

 

 

って事で早速作り始めています!

 

 

 

先日仕上がってきたサンプルブランク。

 

マスターモデルを送って削ってもらいました。まだサンプルなんですけど、寸法などは全く狂いがなく、使ってきた型紙にしっかりと合いました(スゲー)。

 

最終確認を含めて自分用に作ります。

 

 

 

 

 

ルアーに教えてもらう

 

 

今回、久々の新作という事でとてもワクワクしています。早く仕上げたいです。

またミノー、エリア用というこれまで作ってきたルアーと違うので、「良いものに仕上がるのか?本当に完成するのか?」と思ってましたが、自信を持ってこのルアーを作れるようになりました。

 

 

 

当初はこんな感じで塗装をしないで、使ってました。

 

 

今思えばこのころから釣れてましたが、半信半疑でテストを進めていました。

 

 

 

 

 

 

で、1つ転機になったのがすそパで釣れた魚達。確実に魚を誘っていけるルアーだと分かってきました。

 

 

この頃から何かあるかな?と感じ始めて、

 

 

 

 

 

イワナセンターでヒントを得て

 

 

 

 

 

 

川越水上公園でハッキリ分かりました。(あんまり釣らなかったけど)

 

 

 

このルアーのキモはトリッキーなダートアクションです。

中層をダートさせて広く探ったり、サイトでここぞという時にロッドを動かしてダートさせると魚のスイッチが入ります。いずれも縦方向にロッドを動かすのがキモです。

このルアーが釣れる理由が分かりましたが、面白いのは自分で作ったルアーなのに使い方をルアーに教えてもらった事です。釣果を重ねる事でルアーのポテンシャルが分かりました。

また詳しく書いていきたいと、思います。サイズ感が絶妙だったりしてますから。

 

 

 

 

あー、早く完成させたいですね。

 

 

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です