エリアミノーイングでようやくいい結果が出ました!イワナにタイガーなフレンズも!


悔しい

 

 

最近拘って?やっているエリアミノーイングですが、二週間前はしょぼい釣果で終わってしまいました。

過去に良い思いを一回だけして以来、「デカいトラウトをミノーで釣る」というのが中々出来ていません。

 

自分なりに調べて、釣り場で他の人の釣りを見て、アドバイスを貰って、今回は「ハードジャークでやり切る!」というテーマでまたリヴァスポット早戸に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝一

 

 

少しゆっくり目に車を走らせ現地に着いたのが、六時過ぎ。タックルの準備はしてあったので、釣り券を買って早々に釣り開始。

まず、初めは自分の作った通称「ワニミノー」を使う。

 

 

それなりに釣れているけど、何か踏み切れないミノー。

 

 

 

ロッドをビュンビュン振って、動かしていくも中々魚からの反応は得られない、ちょいと反応するんだけどね。

 

 

 

そこで、前回痛ックル精鋭部隊の方からアドバイスを貰ったロブルアーのブランキーFのデカいヤツを試す事に。

ただ巻きで動きやすいように横向きなのかな?これジャークして上手く動くのかな?と半信半疑で使ってみると・・・。

 

 

 

 

 

 

早速イワナが釣れました!

 

 

かなり反応が良かったです。何匹もスイッチが入って追ってくるので、良い感じでした。明らかに反応が違います。

とりあえず今日はこれでいけるやん!ってことで、そのまま押し通す事に!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

覚醒!

 

 

 

 

魚がギュンギュン追ってくるので、かなり楽しい釣リでした。

2回動かして一瞬止めるリズムで動かしました。

 

 

ブラインドで魚を掛けると、何やらドラグが出る・・・。

自分はドラグは限界まで硬くする人なので、「あれ調節間違えたかな?」とか思っていると、中々のサイズの魚でした。

ロッドがバスロッドなので、手前に来た所で強引にランディング!

 

 

 

 

 

 

45センチのイワナさん、これは超嬉しい!

 

 

きましたー!いやー嬉しい!こんな魚を釣りたかったので、ようやく釣る事が出来ました!

ルアーと動かし方がマッチしているようで、今まで釣れなかった魚が釣れました。

 

パーマークが意外と目立つので、二週間前は「ぐぬぬ・・・釣りたい・・・」と指をくわえて見ていましたが、リベンジ出来ました!

つかブランキー様々ですわー。ぐみさんありがとうございます。

 

 

最近は釣ったら美味しく食べたいので、この一尾はすぐに〆ました。

今回初めて神経締めに成功しました!ビクビクなって感動。

後日刺身で食べます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探究心

 

 

 

 

 

 

 

テキトーな画像ですが・・・

 

 

やっぱり釣れますね。もうこの時は「ブランキー1万円分くらい買ったるわ!」というテンションでした。

でもルアーを作っている身とすると、「何故釣れるのか?」そこをひも解いていく必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

君はなんのフレンズ?

 

 

 

 

 

タイガーなフレンズでした!すげえ模様!カッコいい!

 

 

前日から特別放流で、タイガートラウトが入ってたんですね!これは嬉しい!カッコいい!!!

 

 

 

 

 

 

 

もう一尾追加

 

 

 

もういいだろって感じでした。もう釣れるのが分かったら、もういいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飽きちゃったわけではなく、タックルを変えたいんです。

 

 

もう少し硬いロッドがいい、ラインも少し太めに、同じ使い方が出来るルアーはないか?

ガサガサやり始めました。

 

ロッドをハートランドのジャーキングSPにして、ラインをフロロ4→フロロ5にしました。これがとても良い感じ!

てかジャーキングSPが必要になった事がとても嬉しい、自分にとってはこのロッドが最高にカッコいいですから。

付いてるシールはシマノだけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

で、肝心のルアーですがこの4つがいいんでないかと!

 

 

試してみた結果は、K−1 65Fは動かした時にハードジャークに耐えきれません。糸オモリなどで重くするとシンキングになるので、ポーズを入れづらい。

シュマリは元々シンキングなのですが、K−1と同じような条件で、使いづらい

ラパラのフローティングは糸オモリで調節すると、まぁまぁ良い感じで使える、F7?の方が魚を引っ張って来れるかな?

 

 

といった感じでした。

 

 

 

 

 

 

なので、ラパラのFを使う事に!

 

多分釣れる、同じ使い方が出来れば良いだけの話だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じで、

 

 

 

 

 

 

 

タイガー?の40ぐらいが釣れました!

 

 

 

急に反応してきて、流れの中だったのでよく見えなかったですが、引ったくってくれました!

いやー、良いバイトでした!

 

この一尾でかなり理解が深まりました!最高ですね。

 

 

 

今回は早く帰らないといけなかったので、一時ぐらいに帰らないといけませんでした。

残り時間は40分ほど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分のルアーと渓流タックルという真逆のタックルを改めて試してみる事に。

 

 

 

結果としてはノーフィッシュ。

タックルとしてはやはり硬めのロッドがいいので、渓流ロッドだと弱過ぎちゃいますね。

 

ルアーとしてはちょいと反応はするけど、微妙。原因はダイビングリップですね。

ハンクルのエリアミノーがダイビングリップが多かったので、そうしてましたがダメですね。

ボトムをやるには底を叩き過ぎちゃうし、ロッドを上目に振ってレンジを合わせてもどこかでズレてしまうのが、良くないみたいです。ブランキーも流れがきつい所に入って、浮き上がっちゃうと魚がUターンします。

使えなくはないけど、浅い所を狙うには(リヴァスポットは深くても1.2mぐらいかな)、やはりショートリップが良いですよと、お魚さんが言ってますね。

 

 

 

 

 

 

 

にしてもかなり勉強になった釣りでした。

ようやく今までの苦労が報われた気がします(笑)

 

バスを釣るときのクランクベイトの早巻きもそうですが、今回のハードジャークも「こんなに早くていいの?」といったような「度を超える」事をすると魚の反応って変わりますね。

今回の釣りを踏まえて、また新しくミノーを作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使用タックル

 

変更前

ROD:パームス フレイムFGS-601

REEL:ストラディックCI4+ 2500HGS

LINE:デッドオアアライブ フロロ 4lb

 

変更後

ROD:ハートランドZ 601LRS JERKING SPECIAL

REEL:ストラディックCI4+ 2500HGS

LINE:バニッシュ ウルトラ 5lb

 

 

最後の渓流

ROD:Rayz RZ 56L

REEL:セルテートハイギアカスタム 2004CH

LINE:デッドオアアライブ フロロ 3lb

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です