レンジ別のエリア用ミノーを簡単に試作!中途半端なリップが必要な気がします。


意味があるかどうかはとりあえず置いとく

 

 

 

 

 

この前、キング牛丼を食べに行きました!

 

仕事の業界で、トップを行っている会社が「食育」と題して、大食いをしているとの事で、、、やる事になりました!

緊張してすき家に入り、出てきた牛丼に失笑・・・・。牛丼って量を食べると油を感じますね、後半は匂いを嗅ぐだけで吐きそうでした。

 

 

 

 

 

 

テイクアウトしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロトミノーのテストに行ってきました!

 

 

 

 

 

 

この前も少し書きましたが、レンジを調整するべくリップを短くして、アイの位置を調整しました。

 

 

スイムテストは上々で自分の狙いたいレンジに調整出来ました!実際にバイト出ましたが、ノラず。もうこの時期はジャークベイトはキツイみたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調子に乗ってもう1つ。こっちはかなり短いです。

 

 

リップにアイが付いている方が、イレギュラーな動きが出やすいと勝手に思ってます。どうかな?上手く動くかな?

遠投した先で適度なレンジ(50センチくらい)をトゥイッチしてくるには、これくらいの中途半端なリップが必要じゃないかな?と思います。

 

 

レンジ別に作ったシステムクランクベイトがありますけど、システムミノーの必要性を感じます。

・・・ハンクル様がやってますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミノーに使っているのが、懐かしのフレイム!

 

 

 

 

 

 

 

 

このロッドは高校1年(15年前)の時に中古で買ったもの。当時リールを下から固定するのが珍しく、その辺に惚れて買いました。
ミノーの釣りに関しては、軽いトゥイッチで使うのがメインなので、なんて言うか「もっとこう!」みたいなのがあるんですけど、キリ無いからこれでいいか、と。

 

トゥイッチの際のティップの入り方、軽さ(振りやすさ)などなど使いやすさはあると思います。実際にエリアミノーイング用のロッドを振った事もあってとても良さそうでしたが、それは色々あったので買いません。
ですが、正直今のでとりあえずいいかな?って感じです。一応探してはいるんですけどね。

以前にクランク用のロッドを色々と試していました。6フィート1インチのグラスロッドが無いからわざわざ作ってもらったり、マイクロガイド仕様にしてみたり。当然良いものに仕上げてもらったのですが、今思うと他の物でも別に良いかな?

自分はある程度の物で良くなってしまいます。

 

 

まだまだ勉強中のミノーの釣りですが、去年に比べると少しづつ分かってきたので、釣果にも繋がってくると嬉しいですね。

 

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です