テンリュウのレイズ 「Rayz RZ56L」を半年間使ってみたので、レビュー書きます!花梨シートが気持ち良い!   更新しました!


アフロ

 

 

 

たまーにマンガを読んでいる自分ですが、最近読んだのは「しあわせアフロ田中 8巻」

 

このマンガは「高校アフロ 田中」から始まって、もう14年くらいやってんじゃないかな?アフロ頭の田中の日常生活を書いたギャグ漫画である。

今回の8巻に「チャレンジとは成功も失敗もない、全てが勝利である!」みたいな事を面白おかしく書いてあるのだが、何か実はスゲーいい事言ってるなーと感心してしまった。

 

ま、機会があったら読んでみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半年間使ったレビュー

 

 

 

 

 

 

 

 

以前にも紹介して、使ってきたテンリュウの「Rayz RZ56L 」 

 

 

 

このロッドはエリアでミノーを使うように買いました。元々渓流用なのですが、「とりあえずベーシックなもの」という某ショップの方に勧められて書いました!

長さが6フィート未満という点も自分の条件に合っていました。

 

 

 

 

 

とりあえず外見から!

 

 

 

リールシートは花梨で出来ているので、雰囲気いいです。撫で撫でしたくなっちゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

グリップエンドはメタルパーツ?が付いてます。なので地面に置くとカツっと傷付いてしまいます。ゴム付けて欲しかったぞ。

 

 

 

 

 

 

 

スレッドはグリーンですね!渓流らしい感じ!

 

 

 

 

テーパーに関しては、レギュラーでキャスト時にウエイトを乗せやすいと思います。

パワー表記はライトなので、大きめのミノーを使うにはちょいとパワー不足。具体的にはザッガー50シリーズが丁度良く、ザッガー65シリーズになるともう少し硬い方が良いかな?といった具合。

まぁでもハンクルシャッドも使ってたりします。やはり用途としては渓流で小さいシンキングミノーなどを細かく動かすのに向いている感じです。(それ用ですからね)

 

5ft6inという事もあって、持った際のバランスなどは特に問題ないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

釣った魚は管釣りで45クラス、北海道のネイティブ40クラス、バス38センチ

 

 

一番引いたのが管釣りの45クラスでしたが、良い感じに曲がってくれて楽しめました。北海道のネイティブに関しても同様!

まぁ出来れば1ランク上のパワーがあるとより楽になるけど、って感じかな。

 

バスに関してはカバー周りで掛けた時にもう少しパワーがないと、危ないですね。これはトラウトにも言えますが。

まぁ使えなくはないです。

 

 

 

 

 

 

 

ベーシック、ということで買いましたが、確かにその一言に尽きるかな?と思います。

使用するにしても、サブロッドにしても一本あると便利な感じですね。

またこのロッドをベースにパワーの強いモデルとか長さのあるモデルなど試していきたいと思います。

 

花梨製のリールシートがとにかく気持ち良いですね!雰囲気もいいし!その辺の所有感は渓流ロッドらしく気に入りました!

 

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です