エリア用ミノーのスイムテスト行ってきました。こういう時は不細工なのが優秀です。


品評会

 

 

先日は出来上がった試作を泳がせてきました。

 

中身を変えて作った3種類、何か発見があればいいかな?どのバランスが良いかな?といった感じでミノーに関してはまだまだ勉強中。

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう時って見た目が微妙なヤツほど良かったりする・・・ような気がする。

今回泳がせて良かったのは、茶色のミノーでした。

 

 

 

 

以前作ったミノーを0.1g重くしただけですが、バランスが良いですね。ただ巻きに関してはどれも優秀なのですが、トゥイッチした時の動きがちょいと違う。ピンクと小魚も普通に動くのですが、茶色は水中をドッグウォークするように規則的に綺麗にダートしてくれます。使ってて気持ち良いですね。

やっぱりただ巻きとトゥイッチのバランスが難しいですね、法則的なものは無さそう。幾つか試作していかないと。

 

 

ニジマス相手だとそんなにダートしない方が良さそうですが、規則的に動いてくれるのは追いやすいのでは?と思ってみたり、これは実際に魚に聞いてみないと分からないですね。

クランクベイトもそうなんですが、それなりに仕上がってくると、人の目ではどれが良いのか分からなくなりますね。

 

 

シンプルにハンクルのザッガーとザッガー50の間のサイズが欲しいと思って作り始めましたが、とりあえずサイズが落ち着いて、ウエイトの配置も決まってきているので、とにかくテストに行かないといけないですね。

まぁ、でもじっくり時間掛けて作っていきたいですね。

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です