トマトが効かないなら、コロンブスがありますよ!っていう釣果報告!


先日は亀山湖に行ってきました。

 

 

 

 

朝一勝負という事でやってきましたが・・・。

 

 

ノーフィッシュでした。

沖で水面に出る魚がちらほら見られましたが、ダメでした。初めはポッパーを投げてたりしてましたが、ハンクルジョーダンなどにしても中々難しかったです。

かなり減水していたので、普段は水中の所を色々歩き回っていました。

 

 

 

 

 

 

 

家に帰ってきて何か違和感があると思ったら、スティーズシャッドがくっ付いてました。

 

 

運転中に全く気が付きませんでしたw

 

こんなことあるんだなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

釣果報告

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロンブスが爆発したそうで、8本も釣れました!と頂きました!

 

使い方は立ち木の際に投げて、枝に当たったら浮力で回避、でこの浮いている時に食ってきたそうです!

丸呑みする魚もいたそうで、かなり反応が良かったとの事でした!

 

キャッチした8本以外にもバイトが多かったそうで、リアフック一本でバラしてしまう感じだそうです。

また超デットスローで水面を引いても反応があったそうです。

 

 

そんなコロンブスにかなり反応がある中で、トマトも巻きまくったそうですが、反応は無かったとの事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

コロンブスはタイトなトマト、フラットなトマトという事で作りました。

 

 

カバークランキングでも動きの強弱で反応する魚が違うという話を頂いたのが、開発のキッカケだったのですが、今回の状況はまさにそんな状況だったのでは?と思います。またフィールドに合っていたのかもしれません。

 

自分もトマトとコロンブスを基準にクランキングをします。動きの強弱は勿論ですが、巻きスピードやレンジも多少変わるので、2つあると対応出来る状況が増えます!

今度作るルアーはコロンブスにしようかと考えていた所での、釣果報告でした!

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です