ハンドメイドルアーにアルミを貼った時、アクションに影響する要素は?重さでもなく厚さでもない気がします。 2


問題発生

 

 

 

 

次回納品予定だったこちらのカラーのCV-66ですが・・・。

 

 

発売を中止しようと思います。

仕上がりはまぁまぁといった感じですが、動きがどうも思ったようなものになりませんでした。

 

今回狙った所としては、「アルミを貼っているんだけど動きはアルミ無しと同じ」という所でした。

 

一般的にアルミを貼ったルアーに関しては、「重さや厚みの影響でアクションが変わる」と言われています。

それを考慮してのアルミホイルだったのですが、

 

 

 

 

 

 

 

重さ

 

 

 

 

 

 

 

厚さに関しても

 

 

 

 

 

問題がないはずです、この数値なら。

という事は他の理由があるはずですが、そこまではわかりません。何が影響しているんでしょうか?

 

 

 

トマトや、コロンブスならまだ良いかなと思うのですが、CV-66に関しては自分の中ではちょっと無理かなと思ったので、今回のCV-66のアルミカラーは中止にします。(前回赤ギル(アルミ)を出してはいるんですけどね、すみません。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、いうわけで急遽

 

 

 

 

 

赤いコロンブスを追加で作っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作るのはこのカラーの木目バージョン!

 

 

 

超急ピッチで作っています。

このカラーも木目バージョンはかなり興味ありで、カッコ良く仕上がるんじゃないか?と思っています。

 

 

お待たせしていますが、良い物に仕上げようと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 thoughts on “ハンドメイドルアーにアルミを貼った時、アクションに影響する要素は?重さでもなく厚さでもない気がします。

  • かんたりか

    なるほど。どうしてなんでしょうね。。。
    全ホイル貼りと現状とで比べてみても動き変わるのですかね??
    あとはスケールありと無しでコートしても動きが変わるとか。
    そうなるともう抜け出せなさそうww

    • jumpingtomato Post author

      全ホイル貼りとは比べていないですね。現状の貼り方だと側面一部ですが、これでも影響が出てしまうと、、、。
      んーどうなんですかね?意外な所が影響してそうですが、、、。