ジャントマルアーの赤目にはひと手間が掛かっています。


意外な所・・・

 

 

 

 

ジャントマの赤い目

 

 

ウチのルアーは片目だけ赤くしています。

目はルアーの特徴的な部分で、最近の新しいメーカーなんかはどこも目が凝っている印象を受けます。

「ジャントマはどうしようか?」と考えた事がありました。何か特徴を付けられないか?

 

アニメキャラをヒントに嫁さんの一言でオッドアイになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使っている塗料は蛍光ピンクです。

 

 

というのも、赤を使うと暗過ぎてしっくりこないんですよね。黒目を入れるせいかピンクの方が結果的にまとまります。

で、このピンクというのは少々厄介な所があって、上手く固まってくれないんですよね・・・。

ホワイトはそんな事無いのですが、顔料?等の関係で固まった時に、

 

 

 

 

 

 

 

 

歪な盛り上がりが出来てしまう事があります。

 

因に周りがデコボコなのは、厚紙のデコボコを拾っているからです。

微妙な盛り上がりがあると、この後で入れる黒目に影響が出たりもするので悩みの種でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木の棒でゆっくり付けます。

 

 

ここまでは普通なのですが、硬化する過程でデコボコが出来たり出来なかったりします。

これは何とか対策を考えないと!という事で使う塗料を変えたり、色々と試した結果!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドライヤーで乾かすという作戦になりました。

 

 

これだとそれなりに上手くいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目玉を入れてからすぐに乾かしていくと、そのまま固まる事もありますが、たまにこんな状態になります。

 

 

こうなった場合はどうするかというと、そのまま乾かし続けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうすると段々綺麗になっていきます。

 

上の画像は綺麗になっていますが、中には塗料が薄くなってしまう所があったりと、成功率は100%ではありません。

あまりに歪な時は、綿棒で拭き取ってまたやり直します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この赤目が好きなので、手間が掛かるんですけど1つ1つ仕上げています。

 

まぁでもトラウトのハンドメイドに比べたら、手間掛からないですけどね。

こんな事もしてますっていう話でした。

 

 

 

 

 

 

手間のかかるハンドメイドルアーですが、手間を減らせるように、今実験をしている事があります。

 

次はその話になるかもしれません。

 

お楽しみに!

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です