ルアーのホイルフィニッシュの為に秘密兵器を導入しました!


効率的なハンドメイド

 

 

 

ハンドメイドなので、どうしても少なくなってしまう生産量。

昔は本当に売れなくて悲しかったですが、今では多くの方に使って頂いています。出来るだけ多くの量を作りたいという事で、最近はリップは手削りではなく発注をしたりと、機械に頼る事が増えてきています。

これからも出来る範囲で、ハンドメイドを大切にしつつ機械化で効率を上げたいと思っています。

 

 

 

 

 

赤ギルのアルミホイルver

 

今までのアルミテープとは少し雰囲気が違いますね。

えー、個人的に大好きなこのアルミホイルを貼ったカラーは、1つ1つ型紙を合わせてデザインナイフでアルミホイル(テープ)切り出していました。

目の辺りのカーブが少し気を使います・・・。

 

 

このアルミの切り出しは神経も使うので、効率化する為にも抜き型を作ってもらう事にしました。

以前にTwitterで他のビルダーさんが作っているのを見たのを思い出して、簡単に検索して調べました。

するとやはり作ってもらえる所があったので、今回思い切ってお願いしました!

 

 

 

 

 

 

ウロコ模様用のヤスリで模様を付けたアルミホイル

 

これを切り出すのが大変なんですねー。

まぁ今までやってたので、全然平気なんですが、効率を重視するとやはり型があった方が良い。

ホイルは本当に破れやすいし。

 

 

 

 

 

 

 

で、いきなり登場!今回CV-66用に作って頂いた抜き型!

 

 

ぶっちゃけ、仕上がりが何処までのものか分からなかったので、心配でしたがかなり再現度の高い物に仕上がっています!正直驚きました!

 

まぁでも実際に使ってみないと分からないという事で、早速使ってみた所上手くいかない・・・?

使い方が間違っていたようで、ちゃんと正しい使い方をすると、

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗にホイルが抜けました!!

 

ん〜、気持ち良いですね!

こういった物って本当に実際使ってみないと分からない物なので、安心しました。

 

決して安くない物なので大切に使っていきたいというのと、やはりこういったもので少しでも効率を上げていきたいと思います。

 

 

 

今回作って頂いたのは STEP-L さんです。

もしも考えている方いらっしゃれば覗いてみて下さい。

 

 

 

あー、ダメですね、睡眠不足で今日は全然言葉が出てこないです。

 

お疲れ様です。

 

 

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です