小さいCVを書いてみたり、徒然書いております・・・。 2


ビースト

 

 

 

たまに見ているプロゲーマー梅原さんの配信番組「Daigo the BeasTV」

格ゲーの攻略や大会に向けての話、カラオケ大会や昔話など、何かに捕われる事無く色んな事をやっていて、動画勢の自分はたまに見ています。

 

ゲームの話に特化していなく興味深い内容も多い中で、ついこの間話していた「プロゲーマーの未来と働き方を考える。」がまた興味深かった。

 

 

 

何となく「プロゲーマー」という言葉を聞いた事がある人もいるのでは?

現在プロゲーマー(格ゲー)は大会の賞金だけで生活している人はほぼ居ないんじゃないかな?スポンサードされて生活をしている人や社会人プロゲーマー、海外の渡航費のみ支給される人

まぁそんなに詳しく語れませんが、万人が想像する通り厳しい世界で、現在日本ではプロが増えている状態

 

そういった中で梅原さんが「今は良い人でも、最終的には良い思いはしないんじゃないかな・・・。」と言っていたのが印象的でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分

 

 

 

 

今日はそんな配信を見てから、車で出掛けたのでいい天気も手伝って何となく自分の事を考えてしまいました。

「ルアーを作っていて、最終的に良い思いをするのか?」とかそういう訳じゃないんだけど、「何の為にルアーを作ってんのかな?という事。

 

これは以前から思っていた事ですが、また考えてしまいました。

 

 

 

 

ルアーを作り始めた頃、19歳の時の目標は「雑誌に掲載される事」でした。

今思うと何とも、19歳が考えそうな事だなぁと思いますが、当時はかなりの原動力になっていました。

 

それから7年後に4ページほどまとめて載せてもらい目標が達成してしまいました。

だからといってポカーンとなるわけではなく、「良いルアーを作りたい、ただそれだけ」「自分の色が出るルアーを作りたい」とそんな事を考えながら作っていました。

 

「良いルアーを作りたい。」それはシンプルで本質だと思っていましたが・・・んーなんていうか、良いルアーを作る事って難しい事じゃない気がしてます。

トライアンドエラーを繰り返していけば、必ず1つの良い形に行き着くもので、大小色んなルアーメーカーがありますが、どこも必ず良いルアーがあると思います。

特に自分はこれで生活している訳でもないので、何ヶ月に何個か新作を作らないといけないと言ったような事もありません。生活の為にルアーを作っている訳ではないのです。販売をしている以上お金は大事ですが、副業である以上重さは少ないと思います。

 

 

じゃあ金が目的で無ければ、何の為にルアーを作っているのか?

ただルアーを作っているのが、楽しいから?それなら販売をする必要は無い。

 

幸せになりたいから作っている?

ちょっと漠然とし過ぎて答えにはならない。

 

 

 

 

 

まぁ何とも考えが、文章がまとまらないのですが、それを書くのも良いのかなと思いました。

以前に「鴻丸君のブログなんだから、自分が思う事をそのまま書けば良いんだよ。」と言ってもらった事がありました。

 

 

 

 

何だろうなー?

ユーザーさんからメールを貰った時などはかなり嬉しいです。それが1つの原動力なのは確かなんだけど・・・。

ハンドメイドルアーが好きだから、ハンドメ好きな人が集まれるようなコミュニティを作るとか?いやー違うだろうなー。

 

 

こういうのは紙に書き出していけば、見えてくる気がしますね。今度やってみますか。

 

 

 

 

 

 

 

接着剤の硬化待ちにさささっと書いてみました。

 

 

とりあえず今は小さいCV作りたいですね。

 

 

 

 

 

 

 


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 thoughts on “小さいCVを書いてみたり、徒然書いております・・・。

  • T

    自分もbeas tv見てます!
    ゲーム配信よりウメハラさんの雑談の方が好きだったりしますね〜
    ゲームレッスンの件、釣りやスポーツのガイドと同じ様な気がして個人的には賛成だったのですが、業界内で一番にやり出すとやはりピリつくのかなーなんて思いました。笑
    と、ルアーと全然関係ないコメントですが、自分もこの配信の事について考えてたのでビックリしました!笑

    • jumpingtomato Post author

      自分も細かい攻略は分からないので、雑談が好きですねぇ。
      ゲームレッスンは結果次第で判断してしまいますねぇ、払った人が満足できる内容なら良いと思います。習い事みたいなもんかなと。

      この前の大学の公演もそうでしたが、梅原さんの話は考えさせられますねぇ(笑)