新色出来ました!ウッドスルーブラックバックチャート(長い)


試作

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

さてさて、オーダーカラーは梱包とWebSHOPの調整をやっておりますが、どうしても完成したのが見たいって事で進めていたのがあります。

 

上の画像のもので前にもちょろっと書きましたが、コーティングする前にあらかじめバルサに色を付けてしまおう!という実験!!!

コーティングしてからわざわざ塗るのも面倒いし、木目を活かせるかなという考えですが、上手くいくのでしょうか??

 

プラスチックのルアーにはバルサには無い「透明感」があります。

ではバルサには何があるの?特徴は?強みは?というのを考えると、木目を活かしたカラーかなと!

独特の雰囲気を出してあげようではないか!!!という粋な計らいな訳ですな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから塗装スタート!!!

 

 

 

 

dscf5453

下地コーティングを終えた状態!

 

 

 

発色の悪い水性塗料ではなく、普通にMr.カラーで着色!

色流れする事無くしっかりと色が付いています!

 

 

 

 

 

 

 

dscf5454

 

蛍光クリアーオレンジ!

 

 

バルサの透ける感じを消したくないので、とりあえずの蛍光カラー!

まぁ、うっすらな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

dscf5456

 

 

 

dscf5458

 

蛍光オレンジを吹いてからのロゴ

 

 

ちょいと浮いている感じが出ますね。

 

ん〜これは良いですね、透明感というか立体感が出ます!

 

 

 

 

 

 

 

 

dscf5459

 

 

 

dscf5460

 

言い忘れましたが、みんな大好きブラックバックチャートにします。

 

 

サイドのウロコ模様はスモークとかにして透ける感じを出してあげた方が良かったですな、今思えば。

 

 

 

 

 

 

 

 

dscf5461

 

 

 

 

 

dscf5464

 

ドットとエラを入れて

 

 

んー、スケスケですな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成!

 

 

 

dscf5466

 

 

 

 

dscf5470

 

 

dscf5469

 

 

 

 

dscf5472

 

 

 

dscf5473

 

んー!中々良いのでは!!

 

 

 

 

かなりワクワクしながら進めていきましたが、十分オッケーな仕上がりになりました!

透けるのは勿論、奥行きがあったり、少しヌルっとした感じもあります。

折角バルサで作っているんだから、もっと木目出したいなと思っていたので一応大成功です!

ルアーを作る時に素材を活かす事を意識してハイピッチ系の動きに仕上げましたが、カラーに関しても素材を活かしたものに仕上げられて良かったです。

 

 

 

それと実はこのカラー(作り方)は普通に作るよりも手間が掛かりません!

手間掛からないし、見た目良いしので一石二鳥ですね!今回はブラックバックチャートでしたが、スカルクロウの方が立体感が出やすくていいんじゃないかな?と思ってます!

 

これからはアルミを貼らないカラーは基本的にこのウッドスルーカラーにする予定です!

 

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PS

 

 

 

dscf5465

吹いた色を即効で乾かす為にドライヤーを取り付けました!

これがめっちゃ便利で、今回早く仕上げる事が出来ました!

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です