ルアー塗装に一工夫!バルサに直接色を付けてみました!


久しぶりの実験

 

 

 

さてさて、前回バルサボディを下地コーティングする前に色をつけてやればいいと言っていました。

 

簡単にやってみたので書いていきます。

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

というわけで早速こちら。

 

 

使わないブランクに画像の水性塗料を筆塗りしてからクリアーラッカーを筆塗り、そのあとでセルロースセメントでコーティングもの。

 

少し曇ってしまってますが、それを直すまでなく失敗。

 

 

何が失敗かというと、水性塗料を使ったという点!

色流れが怖かったので水性塗料を使いました。色は少し流れる程度だったので、見た目に影響は無く大丈夫だったのですが、発色が悪いです。

以前に水性塗料を散々使ったので、「ハッ!?」と気が付いた訳です。

 

折角出来上がっても発色が悪くて、「悪くないんだけど、何だか微妙・・・。」なら意味が無い・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで今度はラッカー塗料で

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

色が違う事もありますが、これはオッケーです!

 

 

 

Mr.カラー(蛍光ピンク)を筆塗り、クリアーラッカーを筆塗り、セルロースセメントどぶ漬け。

 

色流れは多少起きましたが、水性塗料を使った際と同じ程度だったので問題無しかな。まだ一度しかセルロースセメントどぶ漬けしてないですが、恐らく大丈夫でしょう!

 

いやー、良かったです。またこれで良さそうなカラーが作れそうです!

一応予定ではコロンブスでブラックバックチャートを作ってみる予定です。

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらはオーダーカラーで作ったものですが、中々!

 

 

これは最後に蛍光クリアーイエローを吹いたものですが、こんな感じになるのかな?

 

もう少し奥行きが出るようなカラーに仕上がると思うので、今から楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です