これでようやく?プロトが完成かな??? 100 or 0の選択肢


今日もテストに行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

img_1106

前回の失敗を踏まえて

 

 

 

 

以前にリップが破壊してしまったモデルを直して、最新のプロトと比較してバランスを見ていくのでした。

これがこうで、あれがこうで・・・と頭の中で整理が出来た所で1つの悩みだった。ウエイトの結論を出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

円柱と四角

 

 

 

四角は高速リトリーブで安定しやすく、飛行姿勢が安定するが、スローリトリーブでピッチが出にくい

 

円柱は高速リトリーブで安定しにくく、キャスト時に回ったりする事がある、ピッチが出やすいのでスローリトリーブがしやすい

 

 

 

 

 

 

選んだのは円柱。

どうしてもピッチを出して釣れる動きにしたかったから。

飛距離をやや犠牲にして、高速リトリーブのバランスに関しては重くして、限界まで重心を下げる事で何とか解決しようと。

 

何度も考え直して、行ったり来たりでしたが、まとまりました。四角のバランスも使っていて、かなり気持ち良いから好きなんだけど、結局1つに絞らなくてはいけないですからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

img_1107

 

今日はもう使わないものをカッターで削ったりもしました。

 

丸みを出してやったらバランスが安定するのかな?と実験したのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

img_1108

 

 

 

 

 

 

 

img_1109

 

 

 

 

 

 

 

 

img_1110

 

アロンアルファを付けて乾燥中。

 

 

 

結局安定には全く関係なかったです。

ただ単にロールが強くなるだけで、バランス崩しやすくなるかな?と思ったんだけど、そんな事は無かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家に帰ってからは

 

 

 

img_1111

 

 

 

 

 

 

img_1113

 

ウエイトやフックを付けたりして重さチェック!

 

 

ウエイトの重さを上げるんですけど、どの位重くするのか浮力と相談しながら決めていく。

 

本当はかなり刻んで作っていけば良いんですけど、流石にそこまでやってる時間もないので。

 

 

 

 

 

 

 

img_1112

小さい寸胴鍋が活躍

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

で、また作り直すわけです。流石にこれでもう完成しそう。

 

 

 

 

 

 

拘り過ぎてかなり時間掛けちゃってますが、「良いルアーが作りたいから」ただそれだけです。

いや違った、「妥協したくないから」とか「少しでも多くの人に気に入ってもらいたいから」もありますね。

 

 

 

 

 

このルアーはクランクベイトとバイブレーションを融合したような性能を持っていますが、作り上げていくのは大変でした。

 

博打のような100 or 0のような選択肢を取るのではなく、多くの人が安定の80ぐらいの選択肢を取る事が多いと思います。

 

 

一発出ればデカい釣りよりも、コンスタントに釣れる釣りに置き換えられるような例えで、やっぱり100 or 0の選択肢を常に取るのは厳しい事だと思います。

0が殆どの中で諦めてしまいそうにもなりますが、続けていくうちに80の選択肢を取る人には、決してたどり着けない所に行けるようになります。

 

 

 

このルアーはそんな事を自分に教えてくれたような気がします。

最初は手から転げ落ちる事ばかりでしたが、ちゃんとJumping Tomato Luresらしいルアーに仕上げる事が出来そうです。

多くの方に使ってもらっているトマトのようなルアーになってくれるといいなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

img_1105

 

 

 

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です