遂にトップコートの方法を変える事にしました。セルロは色々と難しいです。 2


次回の納品に向けてコロンブスがトップコートに入っています。

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どうにか12月中に納品出来そうなコロンブス、トマトのオリカラ。

 

12月は試験が多くて大変なのでペースが落ちてしまいそうですが今の進み具合だと何とかいけそうです。

 

 

 

 

 

 

 

ですが、やはり、まぁ、何と言いますか、不具合が少し出ています。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

少しですが色流れ、画像にはありませんが色の具合も変わっています。

 

相変わらずセルロースセメントの事です。2、3個作るならまだしも複数作るとなるとどうしても上手くいかないものが出てきてしまいます。

 

 

 

てかそれ以前にやはり塗料が犯されてしまう事があって、色流れは勿論、色飛びや色調の変化が出てしまいます。これはもう今の作り方ではどうしようもないと思いました。あらゆる問題に対処してきたつもりですが、特に気温、湿度に関しては難しいです。今年の春からほぼ毎日確認していますが、秋は「女心と秋の空」というだけあってあまり法則性がありませんでした。夏では朝、昼、夜とほぼ決まった湿度を計測していましたが、秋は読めなくてぐちゃぐちゃでした。

 
塗装をして色止めそしてドブ漬けトップコートというやり方ですと、どうしても最後のトップコートで問題が出る事があります。ここ最近は1つの色を作るにも試作を重ねて良い配色を作っていますが、最後のトップコートで全てが水の泡になります。

 

 

もうどうにもならないので、今回のトマトからセルロ吹き付けでの仕上げに変更しようと考えています。強度面の問題があるのでコート膜は以前と変わらない様に仕上げます。

 
コロンブスに関してはB級品とまではいかないものの納得出来ない仕上がりになりそうなので、値段を低くして納品させて頂こうかと今現在は考えています。どうなるか分かりませんが・・・すみません。
ウレタンでの仕上げでも良いのですが、強度面を考えると、どうしてもセルロになります。色んな仕上げ方法があると思いますが、強度面は譲りたくないし長い間セルロを使ってきて愛着の様なものがあるのも事実です。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

トマトは完璧に仕上げる予定なので、頑張ります。

 

 

 

 

 


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 thoughts on “遂にトップコートの方法を変える事にしました。セルロは色々と難しいです。

  • たけブー

    セルロはホント難しいですね!
    オレもチャートがただの黄色になってしまいました(笑)
    お互い精進しましょう(^o^)/

    • jumpingtomato Post author

      いやぁー、本当難しいですよね。難しいってか無理的な。
      チャートがイエロー、ですか。そういう変わり方しますよね。複雑な色にすると余計です。