塗装ブースを自作しないといけなくて、何とか作りました。


吹き返してくる塗装ブース。

 

 

 

 

ハンドメイドルアーは作る工程が多くそれに伴って多くのツールが必要になってきます。

 

その中で塗装時に使う塗装ブース。エアブラシで吹いた塗料を吸い込んでくれる無くてはならない物ですが、市販品を使っていて不満がありました。
といっても普通に塗装するだけでなく、エア圧を上げて色止めを吹いたりすると吸いきれなくて吹き返してくるんですね。ブースの横にモワモワと煙が発生してるのが見えます。
こりゃあ作りますかね・・・と。

 

重い腰を上げたのでした。模型作ってる人なんかは自作してる人多いです。あんまり作りたくない理由はその時間でルアー作りたいからですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず換気扇買わないと!

 

 

と、いう事でやって参りました秋葉原!換気扇専門の店があるとかで期待しましたが結局ヨドバシで買う事に!

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サイズに迷いましたが、ちょい大きめの20センチのにしました。これぐらいのじゃないと満足いかないだろうと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

換気扇を取り付けるべく四角く穴開けて

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0719

こんな感じで組みました!!!

 

割とコンパクトに出来て良かったなー!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思ったら!?

 

 

 

IMG_0723

 IMG_0724

吹き返してくる風

 

 

 

 

 

だ、駄目じゃん!ちょっとコンパクトにし過ぎたかな、そんなに上手くはいかないわな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってことで改良!!

 

 

 

IMG_0725

三段重ねにして

 

 

 

 

 

IMG_0728

横にも排気口を取り付けました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもやっぱり吹き返してくる・・・。

 

 

結構時間と手間掛かってんだけどな・・・。

ってかこれ今般的に違うんじゃね?とここでようやく気付く。

 

ネットでよくよく調べてよくよく読んでみる。

 

 

 

 

IMG_0967

こういう方式が正解みたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、何とか完成!!

 

 

 

IMG_0969

 

 

 

 

IMG_0970

アタッチメントはとりあえず段ボール・・・

 

 

 

 

 

 

IMG_0971

ホース長げえよ。

 

 

 

 

 

とりあえず組んでみて使ってみた感じは、めっちゃ良かったです!!!

やはりパワーが違うようで、漏れる事無くキッチリ吸い込んでくれます。気持ち良くって今日は下地塗りと色止めがかなり捗りました!!!

いやーキッチリ働いてくれる道具って良いですね。

 

 

吹き返しはちょっと来てるかな?といった感じでしたが、実際に使ってみると全然大丈夫でした。

まだガタガタな感じなので補強する所は補強してカスタムしていく予定です。

 

 

 

 

 

自作はどうなるかなー?と思いましたが何とかなりました。

塗装ブースは自分みたいに本格的にやる人でなくても自作した方が良いなと思いました。もし作る方はネット上に色々と情報があるのでそれらを参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です