【成功例公開!でも・・・】セルロースセメントの色止め、色流れ防止について8


どうも、キルラキルにハマっているジャントマです。

 

 

今日もセルロースセメント(以下セルロ)のトップコートを完成させるべくやっていました。

 

 

いやー、まだ油断できないなと改めて思いました。

 

こちらのセクシーシャッドのトマト

DSCF1379

 

今日トップコートの一回目を終えた所です。

一見成功しているように見えますが、よーく見ると!

DSCF1377

なんと!塗装が少しデコボコになっています。あーうまくいくと思ったんだけどな・・・。これ結構落ち込む、頭を抱えてうずくまってしまった。

でもここで大事なのは失敗した原因はなにか?ということ!恐らくそれは湿度のせいでしょう!

 

 

今日は雨降りだったので、空き部屋でエアコンを付けてやったのですが、ん〜どうもエアコンの効きが甘かったようですね。つかもう湿度が高いという時点で、これからはやらないようにします。

大事を取ってやらないのが、1番だな。

もう一つ可能性がある「色止めセルロの吹き付けは足りない」、ってことは無いと思うんだよなー。今までの反応とは明らかに違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に湿度のせいだと言い切れるのか?と思った方もいるでしょう。

それは成功例があるからですね。

 

DSCF1372

DSCF1373

DSCF1374

DSCF1375

 

 

 

リターダーを多く入れているせいか、ツルンツルンに仕上がります。綺麗ですよー!!!

これは嬉しいです!マジで!!!!!!!!!!!

まだ喜ぶには早いですが、とりあえず結果を出す事が出来ました。

 

でもこれもセクシーシャッドのトマトと同じ環境でコーティングしました。二回目だったせいかボコボコにならなかったです。んー、そのへんの謎はまだありますね。

 

 

 

 

もう少し慎重に油断せず進めていきたいと思っています。

もう大丈夫だー!とか思うと絶対に失敗するんですよ、何故か。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です