コロンブスが完成して今感じる事。


リリースが決定したコロンブスについて

DSCF5082

えー、何とかリリースする事が出来るコロンブス。ブログでずっとプロトの進行状況から書いていきました。まぁ長い過程でしたが楽しめて貰えてたら良いかなと思います。

開発期間が長かったせいもあり何かと思う事が多いんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二年間ずっと向き合ってきたルアー

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「今思うとあっという間だったけれど色々あった。」という表現が一番しっくりきます。

釣りという楽しみの中にあるルアーフィッシング、またその中のとても小さな部分であるハンドメイドルアーに対して正面から向き合ってきた事は、「今思うとよくそんな事ずっとやってたな。」と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一般人に話したらまず理解されないし、釣り人の中でもハンドメイドルアーに興味を持つ人ってほんの一握りだと思います。

だからと言って妥協しない、とことん突き詰めるのがオタクであり、Jumping Tomato Lursの真髄です。

今回のコロンブスはかなり厳しい開発でしたが、ルアーでお金を頂く以上はこれが普通です。

特に過去に出したルアーの中で自分の未熟さ故に完成度の低い物がありました。それにお金が発生していたと思うと申し訳ない気持ちがあります。

 

 

 

 

 

 

火曜日にスイムテストが終わって、まずホッとしました。リリースする製品に不良点が無くて初めて完成です。「いやー本当に終わったな〜。」と肩の荷が下りたような気持ちでした。

 

 

 

 

 

 

だけど「ずっと向き合っていた物が無くなる」というのは寂しくも感じました。あの切磋琢磨していた時間はもう無いんだなと思いました。

 

 

 

 

映画のエンディングのような感じでした。

 

 

 

 

 

 

今週末に行われる東京ルアーパラダイス2015が終わったらちょいと一息ついてWeb作業をする予定です。

その後でまたトマト、コロンブス、そして新しいプロトルアーの開発をしていこうと思います。

とりあえずルアパラが楽しみですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です