セルロースセメントの濃度の調節作業!ぐるぐる、まぜまぜ。


 

大事な作業

 

 

ハンドメイドルアーっていうのは工程が多くて、色々と気を使う事が多いんですけど今回の作業も一応そのうちの1つ。

 

 

量産する場合、きっちり守らないといけない事があります。10個作ったら10個とも無事に製品として送り出さないと!無駄を出す訳にいかないですからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セルロースセメントの濃度

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

これは去年の年末あたりからかな?使っていたセルロースセメント。

結構少なくなってきてあと4分の1ぐらい。これだけ少なくなってくるとルアーが缶の底に付いてしまうので、斜めに傾けたりしながらコーティングしないといけません。

 

それではやりづらいという事もあって、また新しく調合していくんです!そのままだと濃いのでウチのルアーには使えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

これが新しいやつ!かなーり古い缶に入ってますけどね。

 

 

で大切なのは濃度を今まで使ってきたものに合わせる事!!!マニュアル通りに何対何でやればいいんですけど、自分の場合は実際にコーティングしてみた重さを目安にしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じ!

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

これはメロンになるはずだったボツのブランク。こんなのが机の周りに探せばあったりします。

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ボディに書いてあるのは重さ!

最初は0.82グラムだったんですねー。

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ブランク2つでコーティング後の重さを比べて、差を見ていく訳です。

新しく作ったものの方がやや重いんですね。

 

これは調整しなくては!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってことでシンナーで薄めていく

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

シンナーブシューっと注入!!!!

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

で割り箸で混ぜていく。割り箸がちょうど使い易いんですよねー、長さにしても混ぜ易さにしても。

 

ぐるぐるグルグル混ぜていきます。

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

混ざったなー。というところで割り箸を上げてみて濃度を見ていく!

慣れてくるとこれで大体分かるようになります。

 

「あー、こんなもんだなー!」って所で終了!

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

混ぜ終わると気泡だらけになるので、一時間ぐらいかな?置いておきます。

 

で、まぁこれで使っちゃってもいいんだけど、そこは手を抜いてはいけない!ちゃんと重さを確認してから使うようにしています。

 

 

 

 

 

地味な作用ですが、このドロドロをぐるぐる混ぜたりするの結構好きです。最近は特にこういった事まで楽しくなってきましたね。

 

 

何言ってんだかな?w

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です