今回はチャーハンを作りました。パラパラにするうんちくを語ります。


先日はスープカレー愛について書きましたが、

IMG_0428

意外に料理が趣味。ただしアレしか作りませんが・・・。http://jumping-tomato-lures.com/?p=4006

 

 

中華鍋でチャーハンが作りたくなっちゃって買ったんだけど、作ったのはスープカレーという話でしたw

 

 

 

 

 

 

 

しかしですね・・・

自分が作ったスープカレーってのは一時間ほどに込むので、結構時間が空く訳ですよ。その間に何とチャーハンを作ってしまったんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

具材

 

IMG_0448

 

冷や飯   卵

ネギ   豚肉

 

 

 

まぁ、何ともシンプルですね。そんなにいっぱい入れなくていいしこれで十分。

味付けもシンプルに塩胡椒と醤油のみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、作るよ

 

鍋に油を入れてから、軽く湯気が立つまで鍋を熱します。

 

卵を投入!

 

そしてすかさずご飯を投入

 

 

IMG_0449

ご飯をつぶすようにお玉で固まり感を取っていく。

ある程度取れた所で、鍋を降っていく。この振りには練習が必要です。ラーメン屋でバイトしていた時は休憩のメシをいつもチャーハンにして練習していました。意外とコツ掴むと簡単に出来るもんです。

 

それと中華鍋は平面がないので具材がとても降り易い(滑り易い)んですね。なので中華鍋でないと駄目なんですよ。

 

じゃんじゃん振って、卵をご飯にくまなくコーティング出来たら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

具材と塩胡椒を投入

 

 

IMG_0450

 

ここからもじゃんじゃん振っていきます。

ラーメン屋だとご飯が飛び散っても気にならないですが(そういう感じでみんなやってるの)家だとそうもいかないな・・・。

 

 

ここで豚肉を先に炒めていなかった事で時間をロスしてしまう・・・。ミスりました。

チャーハンを作る上で時間が掛かってしまうのはとても良くない事なのです。バイトしてた時は・・・確か1分半ぐらいで作れるようにならないと店で出してもらえなかったです。

 

 

時間が掛かってしまうと、米の中にある水分が出てきてしまうので仕上がりがパラパラにならないんですよ。短時間で仕上げるのは表面の水分だけを飛ばす為ですね。

 

 

高い火力で短時間で仕上げたいが為の中華鍋でもある訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に味付け!火を止めちゃって構いません

 

味付けは全体に絡めるだけなので、焼く要素は要らない。

 

むしろ火に長い時間掛けていたくないから、火を消しちゃって大丈夫なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成!

 

 

IMG_0451

 

パラパラとまではいかなく「パラ」程度になってしまいましたが、中々うまいチャーハンに仕上がりました。

また今度は失敗しないように作ろ!

チャーハンっていいですよね、時間掛からずにサッと作れてしまうので。

 

 

 

今度キャンプに行く予定なのですが、その時に焚き火でチャーハン作ってみようと思ってます。

 

 

「焚き火でチャーハン」

なんか凄くないですか!?上手く出来んのかなー。

 

 

やったらまた記事にします〜(*≧▽≦)bb

 

 

 

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です