痛トマトのトップコートが完了して・・・パール塗料の使い方が分かったような。


 

パール系塗料

 

 

を上手く使っていきたいということで、最近色々と考えていました。

下地黒で吹くとメタリック調になるので、それをいかしたカラーを作ろうと今回痛トマトで作りました。

トップコートが完了したので、それを紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギルカラー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ウロコをクレオスのダイヤモンドシルバーで吹いたギルカラー。

作っている過程では、明るく輝きが増してくると言ってはいました。

が、正直もう少しトーンが上がって欲しかったですね。まぁ悪くはないんですけど、ガンメタギルって感じですね。

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

接写すると実際の感じが分かりやすい。

細かくキラキラと、光に反射します。青と紫がいい雰囲気出してますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレンジシャッド

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ベリーに濃く吹いた、トパーズゴールドが割れています。

これは全く予想出来ませんでした。塗料によってはセルロースセメントと相性の悪いパターンがあるのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キンクロ

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キンクロは一見上手くいっているように見えますが、

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

後から吹いたブラックの下から何故か出てきてしまいました。

これも同じくトパーズゴールドです。ん〜どうもトパーズゴールドは相性が悪いようです。薄くサラッと吹くには問題ないですけど、多めに吹くと駄目ですね。

これはもしかしたらマジョーラにも言える事かもしれないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ベリーはいいんですけどね。

Kさんすみません。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

失敗を踏まえて

 

ウチはセルロースセメントでトップコートをするので、そこを考えてあまり濃く使う事は良くないなと思いました。

具体的には暗い色にサラッと吹いて使いたいです。

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この前作ったリアル系の背中がいい例だと思います。グリーンのパールが見えると思います。

こういった使い方がパールの活きる道ではないでしょうか?明るい色に使ってもいいんですけど、自分としては違いが分かりづらい所がありますね。

・・・

日々勉強ですね、頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です