繋がっているのか?ルアー作りと戦車の生産。 2


 

ジャントマはルアーを作っている人間として、どんなものでも「どのようにして作られているか?」というところにいつも興味があります。伝統工芸品などの製作行程は職人さんの技術が見られる物なのでTVでやっているとつい見てしまいますね。(普段ニュースぐらいしか見ませんが。)

 

 

↓は某アニメの影響で、買った陸上自衛隊のDVD!

 

 

DSCF1333

 

この中で戦車の主砲の生産についての映像があったので今回はそれについて感じた事を書いてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

といってもこのDVDは特に戦車の生産についての内容ではなく

 

 

DSCF1327

 

 

 

 

 

陸自の歴史や戦車の歴史、紹介についての内容になっています。

 

 

その中で、三菱重工業社への取材が出てきます。

 

 

DSCF1328

 

 

 

 

 

DSCF1329

 

 

むむむむむ、技術的な事は全くわからないけど、すげえ技術が必要なんだろうな・・・。主砲の強度、初速を上げる、軽さなどのバランスを取るのがとても難しいそうな。

 

 

DSCF1330

 

 

その中でこの森本さんが言われた事がとても印象に残りました。

「主砲の中は外からは見えないので、五感を働かせてみる。手で触って熱を感じてみる。振動のリズムの変化を見る。人間の感性は素晴らしいのでわずかな変化をチェックする事が出来る。

 

 

DSCF1332

 

 

 

DSCF1331

 

 

 

ワタクシとても感動しました。

主砲ってただ単に機械に任せて作っているとは思っていなかったですが、製造している方の感性まで関わってくるとは思わなかったです。様々な素晴らしい技術によって作られている物だと勉強させられました。ちなみに最新鋭の10式(ひとまるしき、と読む)は、国産戦車であり世界トップの性能を誇る凄い戦車なんですよ!「化け物戦車」とか言われちゃうぐらいものすごい性能を備えています。(詳しくはググって下さい)

 

 

 

 

 

 

 

まとめ ジャントマはこう思った

 

slooProImg_20140116221506.jpg

 

 

戦車の生産というのは正直イメージが湧かなく、技術はすごいんだろうけど機械的に作られているものなのだ、と思っていましたがそこには人間の手、感性がないと製造できない過程がありました。これは自分がルアーを作っている過程に通じる物があり改めて「最後は人の手なのか」というふうに感じました。自分が部屋でちょこちょこ作っているだけのものも、戦車の生産も「ものづくり」というとても広く深い世界の中で繋がっているのかぁとも感じました。

ギャップが大きいけどもどこかが繋がっている・・・不思議なものですね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 thoughts on “繋がっているのか?ルアー作りと戦車の生産。

  • 沖田

    鴻丸さんこんばんはm(__)m

    不思議な事に精密になればなるほど人間の手が必要となるんですよね(-“”-;)

    新幹線の先頭車両やコックピットのガラスは手作業ですし、巨大な船のスクリューも最終的には手作業ですからね(。>ω<。)

    人間センサーはどんな精密機器をも凌駕するのです(`・ω・´)キリッ

    つまり違和感を感じたら全てあわせろって事ですよ(ノ `・∀・)ノ゙

    ではまたm(__)m

    • jumpingtomato Post author

      どうもコメントありがとうございます。

      今回の記事は、皆さん関心ないかなと思っていたので、コメントもらえるのはとても嬉しいです。
      新幹線や船のスクリューもそうなんですか・・・知りませんでした。言われている通り精密機械を凌駕しているんでしょうね、凄いです。

      違和感を感じたら合わせろ・・・ですか。まぁそういうことになりますね、木とかフッキングしてしまいそうです・・・。