【最軽量のトレブルフックは?】トマトのフックチューニングをより模索してみた件!


20140702-232612-84372207.jpg
以前の記事でトマトのフックサイズを下げてスプリットリングのサイズを上げると、フック+スプリットリングの重量が下がるので、フッキング率を下げる事なくピッチを早く出来るという事を書きました。
まぁつまりカバークランキングに適したセッティングに出来るという話でした。

詳しくはこちら↓

チューニング!スプリットリングのサイズで全然変わってくる件について!!!

 

ここで一つの考えが浮かんでしまいますよね?

 

 

 

 

 

 

もっと軽いフックにすればさらにピッチを上げることが出来るんじゃないか?

 

 

 

そうです、装備するスプリットリング、フックをもっと軽量なものにすることができれば、もっとピッチを上げることが出来るはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フックの重さを調べてみた

 

 

 

今回はスプリットリングはひとまず置いといて、トレブルフックの重さを調べて、上記のリンク先の記事に出ているガマカツ社のトレブル120よりも軽量なものを探しました(細軸除く)

 

IMG_0543

トレブル120

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が調べた中で見つけたのは二つ

 

 

 

ガマカツ社のトレブル21とメガバス社のカツアゲフック
トレブル21の重さは(#6)は0.40g、これはHPに(がまかつトレブルフック標準自重リスト)記載されていました。
トレブル120よりも0.09g軽いです!

 

 

 

メガバス社のカツアゲフック(#6)は、
IMG_0544
恐らく最軽量の0.36g!
トレブル120よりも0.13gも軽いです!これには驚きました!!!
ということで勿論カツアゲフックを買って試してみようということになったのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで一つ問題が

 

 

 

メガバス社のHPを見てみると載っていないんですね、恐らくもう生産されていないのでしょう。デュエル社の方も見ましたが無かったです。
通販で探すとまだ在庫がある所がありましたが、入手困難という点は変わりません。
なので買って試してみてもユーザーの人が出来なければ意味ないということで辞めました。
メガバスルアーから付け替えればいいですけどね。
ガマカツ社のトレブル21も試してみようかと思ったのですが、アウトバーブではないのでこれも一応試さなくていいかなという判断。
何故アウトバーブを使いたいかはこちらの記事を見てもらえるといいです↓

バーブレスフックだとラインがフックを拾ってしまう現象を抑えられるのか検証してみた件! |

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめと気になる事が出てきた

ということで新しいセッティングにはなりませんでした。
ですが、やはり気になりますね最軽量のトレブルフック「カツアゲフック」とトレブル21
今度一応試してみるかな?
それとカツアゲフックがトレブルフックとしては異様に軽い、軽過ぎるという点からもしや?と思う事が浮上しました!
それはまた次回の記事で書きたいと思います!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です