貝シートを貼ったルアー専用のボディを用意する必要がある・・・。


 

6月頃から作っている貝シートを貼ったルアー

 

 

見た目が綺麗で良いんですけど、最近は動きの調整で困っています。

 

 

 

 

 

 

主にこの二つを進めていたので、ボディ形状やウエイトの位置で調整していたのですが、どうやら貝シートを貼ると性格が変わってくるのが分かりました。

 

 

 

 

 

 

 

主に2点、動きが大きくなる事とバランスが取りにくくなる事。作ったことのある人は分かりますよね?

(因みに今作っているハバネロ52は元々大きくボディを振って動くセッティングなので、貝シートを貼った場合の影響が少ないと思って作っています。ダメだったらボツにします。)

 

 

 

製品として販売する際に貝シートを貼った物と貼らないものと両方ラインナップしたいと思っています。貝シートはとても綺麗で好きですが、貼っていないものにも魅力があるし、値段も変わってくるので選べる様にしたいです。

 

そうなると色々やった結果、2種類のルアーでほぼ同じ動き、使用感にするにはボディ形状とバルサの比重を変更しないといけない様です。んー、大変。

トラウト系の綺麗なミノーで貝シートを貼ったものはあると思うんですけど、皆さんどうしてるんですかね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試作

 

 

昨日はリップレスクランクの動きを小さくしたいなとこんな事をしていました。

 

 

 

テールを太くしてみました。

ウォブリングの動きを抑えてあげて、上手くバランスを取る事ができました。(ないと振り過ぎて、斜めってしまう。)

 

 

 

 

 

 

因みに冗談みたいにギル燕55にも付けてみました。

結果、この方がバランスがとれて使用感とダート性能が向上!

 

 

 

 

と、まぁ色々と書きましたがまとめると

「貝シートを貼ると動きが強くなってバランスが取れないので、専用の形状などで調整をします。なのでこれからルアーを作る際には2種類のボディ形状が必要になる。」

 

 

ハンドメイドルアー・・・妥協しないで突き進めていくととんでもないことになってきますね・・・。(すみません、もう少し綺麗に書きたかったのですが、疲れてうまく文章をまとめられませんでした。)

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です