燕60について悩んだり、5年前に作っていたルアーを引っ張り出してみたり。


気まぐれで?

 

 

今日は豪雨ということもあり、家でルアーを作ったりアワビの割り加工を進めていました。

先日燕130で48センチを釣りホッとしたせいか、なんだかトラウトに興味が出ている感じです。

 

秋から冬は管釣りに行こうかな?それとも渓流のシーズンももう少しで終わりなので行こうかな?北海道の川でイトウやらブラウンを釣ったのが忘れられないな・・・。そんな事を考えています。

 

 

そうなるとミノー系を進めたくなるもんで、今日は燕のデータを作っていました。

燕50、80、110と削ってはいないのですが、データを作ってしまいました。んー早く削りたいような、抑えたほうがいいような?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

比重違いでボツになった燕130とプロトの燕60

 

 

 

 

 

てかそもそも燕ってどんなルアーなのか?という事なんですけど、130を開発していく中で見つけた答えとしてはジャーキング専用という事でした。

形状的にただ巻きに性能を振っていくと、微妙な出来になってしまうなとならば得意なジャーキングに振ってしまえという所で答えが出たルアーでした。そうなると50や60サイズもジャーキング専用になるのか?という事で、悩んでいます。一応画像の60はただ巻きとの兼用にして作りましたが・・・微妙かなー?

 

陽炎は兼用モデル、燕はジャーク専用モデル。陽炎はベーシックなミノー、燕は使っていて楽しいジャークベイト。

やはりそうするかな、うんそうしよう。なんだか書いているうちにまとまってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それとは別に

 

 

 

 

 

 

久しぶりに出てきたエリア用のルアー、ガトリングシャッド。

エリアに行く予定があるのなら、これも作り直したいなーと思っています。こいつのトゥイッチでのリアクション性能はピカイチでエリアといえど延々釣れ続いた経験があります。エリアのプラグでたまにある「釣れてつまんないから使わない」「困ったときのお守りとして持っておく」みたいなルアーです。

 

5年くらい前に作ってたやつかな?当時はボディを削ってもらっていたので、データを作り直して作りたいですね。

 

 

あー、作りたいルアーが多すぎて困っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です