今年は一応デカイルアーを使うのがテーマでしたね。


釣り方

 

 

小さいクランクベイトを作る事を考えていると、それ用のタックルがないなと思い、スコーピオン1600ssとSLXbfsが必要だなーと考えていました。

試作する前にある程度目安になるルアー を使い込んでいきたいと思ってます。ラッキークラフトのクラッチが良いなと。いきなり作るよりもそのジャンルのルアーの特性を理解しないと作れない気がします。

 

自分の様に週に一回ペースでレンタルボートに乗る人は、ルアーの特性を理解するのに時間が掛かると思います。だいたいレンタルボートに乗ると朝一は得意分野のルアーを使い、ある程度釣ったり釣れなかったりして「あのルアー投げてみるか、、、」とあまり使ったことのないルアーを使い出します。で1、2時間使って「昼メシでも食うかな、、、。」みたいな(笑)

 

それだと中々そのルアーを理解出来ないですよね。今年はそういったところを変えていきたいと思っています。(もう5月だけど)朝一からずっと勉強したいルアーを投げないとな。

 

 

 

 

 

まぁ、、、というかそれ以前に一応今年はデカいルアーを使う事が一つテーマでした。

 

 

 

燕130が一応それになっています。

デカいルアー=デカいバスは良く聞きますが、実際にやってみないと理解出来ないし。単純にそれだけじゃなさそうだし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな事もありハバネロ100も試作しました。

因みにこいつはもう無理かもしれません。上手くセッティングが決まらない。燕130を作ってきた中で、「大きさに限度がある。」というのがあったので、もう少し小さいのを作ってみようかなと思っています。

 

そんな事でまた明日雄蛇ヶ池に行ってきます。答え合わせですね。

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です